ここから本文です

ドイツ語由来の科学用語の英語化はなぜ起こったのですか?

kin********さん

2019/5/118:00:48

ドイツ語由来の科学用語の英語化はなぜ起こったのですか?

シャーレ→ペトリ皿、pHのペーハー→ピーエッチなど
virusも昔、病院ではヴィールスと言っていた記憶がうっすらとあります。ウィルスは英語ではないですが

閲覧数:
23
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kat********さん

2019/5/120:21:59

歴史的に見ると論文発表数がドイツが1位だったのがアメリカが1位になったからです。

ドイツの科学力が世界一だったので当然、ドイツでの論文発表数が一位になり、それに伴って、ドイツ語の論文を読むことが必須になり、世界に発信する論文は皆が読めるドイツ語で論文を書くことが当然でした。

それが戦後は徐々に科学の最先端がアメリカに移ったことで、英語の論文を読み書きする能力が求められていくようになります。

教育段階でドイツ語読みを教えられなかった世代は英語読みで呼びますから、段々と科学用語の英語化がすすんで行きました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nas********さん

2019/5/119:07:33

アメリカに行くと、エタノールもキシレンも無いという笑い話もありますが。

元々、江戸時代に日本に入ってきた西洋文明はオランダ経由のもので、その時代からドイツの技術の影響を大きく受けていました。その縁もあって、明治新政府は西欧文明の輸入元にドイツを選び、多くの留学生を送り込みました。

これが英語化してきたのは、一つにはやはり英語の方が使用者が多いということ、もう一つはドイツも日本も第二次世界大戦の敗戦国で、それ以降文明の輸入元を米国に切り替えてきたというのも理由でしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる