レクサスLC500hについて パワートレインがレクサスLC500hは エンジンは8GR-FXS ミッションはマルチステージハイブリッドトランスミッション を採用し

自動車269閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

車の構成部品はエンジン、ミッション以外に記載の様にボディー、シャーシ、ブレーキが違います。 先ずは、クーペボディのLCとセダンボディのLCを比較するのは如何と思いますが、プラットフォームに関して言えばLCはトヨタ初のTNGAのGAーLプラットフォームを採用してますが、クラウンはTNGAでも国内販売なのでナロー版のGAーLプラットフォームです。 それにLCのブレーキは、スポーツカー並みの鋳造モノブロックキャリパーにフロントは対抗型6パッドブレーキを採用してます。 クラウンは対抗型でも、フロントは4パッドブレーキです。 内装もクラウンの内装とLCじゃ雲泥の差です。 LCはアルカンターラを上手く使ってますし、特にコンソールBox周りに差を感じますね。 LC500ガソリンのオーナーですが、車の細かな事を記載すればキリが無いですが価値は有りますね

ご丁寧な回答をありがとうございました。 昨日、LC500hの方を試乗してきました。 連休中の高速道路を往復1時間程度ですが、 大変な高性能車再認識しました。 高速安定性、制動、乗り心地 1週間前に試乗したガソリン車とはまた別の 魅力を感じました。 今後、購入までガソリン、ハイブリッド、 オプション選択等幾つか悩ましい問題が 有りますが、又教えて下さい

0

車のことをよくご存知の方なら、エンジン、足回り、居住性、ハンドリング、等々コスパも含めると新型クラウンに軍配が上がると思います。 実際600万円〜800万円の同等クラスの外車、例えばアウディとかボルボ等に比べてもそのコスパの良さは光るものがあると思います。 これがレクサスLS500hだと約12,00万円ですから、例えばベンツSクラスと比較するとコスパなど出てこないと酷評する人もいるでしょう。 ただし、クラウンとLSを比較した場合は話しが変わってきます。 価格差約400万円もあり、これで同じなら両方とも誰も買わなくなるでしょう。 隣り合ってるシーンを高速のSAや高級レストランなどで見かけますが、真横に並ぶと流石のクラウンもLSの前では、かすんで見えてしまいます。 見た目だけで言うなら何層にも丁寧に仕上げられた塗装や車長、車幅の大きさ、車重差約200kgの重厚感は外観だけでも充分感じ取ることが出来ることでしょう。 ちなみに新型クラウンに乗っている友人とゴルフに出掛けると、私のLSの横に並べて止めようとしません。 また、車のことを全く知らない若い女性(特に20代のVIPカーファン)は飲み会の後など何人いても私の車に乗り込もうとしますね。 知らない人でもどちらが高いかは分かるのでしょう^^; クラウンの走りやハンドリングも確かに素晴らしいとは思いますが、普段からLSに乗ってる人は恐らく100%、チープに感じると思います。 これはあくまで「比べたら」なので、クラウンそのものを貶しているわけではありません。

ご丁寧な回答ありがとうございました。 確かに貴殿の仰る通りコスパを考えると クラウンに軍配が上がるかもしれません。 けど最近LC5002車種を試乗した結果感じた事は 値段以上に価値のある車だったと思いました。 コスパ以前にメーカーが採算を度外視して作った 車のようですねえ。 肝心の走行性能は勿論、デザイン、内装、外装等 他の車種では到底味わえないものでした。 エンジンかけてなくても、車内に入ってドア閉めた だけで重厚な車内に入った事が本能的に分かるそんな車でした。 まあ、重厚な車内はLS500hの方が上でしょうかねえ。