ここから本文です

昨年2月にパーキンソン病だと診断され毎月1日通院して薬治療をしtるんですが。...

kon********さん

2019/5/618:35:46

昨年2月にパーキンソン病だと診断され毎月1日通院して薬治療をしtるんですが。日常生活ではあまり支障はないんですが右足の膝の関節が固まってしまい、以前のように普通に歩けません。

ロンドンで閲兵とかが足をあげて行進しますよね、あれと似た感じで膝を上にあげ腕を振ればなんとか歩ける状態です。ただ夏、冬に長いこと歩かなかったので前よりあるきづらくなってしまったです。このままもっと悪化して左も同じようになってしまったらと危惧してます。
薬治療では悪化の進行をゆっくりさせるだけで元の常態には戻らないんですか?
ちなみに」薬はたかいんでジェネリックにしてもらいロピニロール徐放錠8mg 朝に3錠とレプリントン配合錠L100 1日3回2.5錠を」飲んでます。担当医に薬を変えてもらったりしたほうがいいですか? 走るのがすきで2018年10月までは40年近く定期的に走っていたので走れない生活は苦痛です、体調もよくなりませんし、体重もじょじょに増加してます、ウェストもです、これからは病気のことも気をつけないといけないです。。走れたら1日2時間は走っていたんですが。

閲覧数:
84
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aa3********さん

2019/5/1014:38:55

パーキンソン病について解説します。
1:パーキンソン病は、ドパミン作動性神経細胞の減少によって、相対的にアセチルコリン作動性細胞の働きが優位となるため、ドパミンを補充するL-ドパと、アセチルコリン系を抑える抗コリン薬が、二つの柱として以前から使われていました。
しかしアルツハイマー病やレビー小体型認知症では、大脳のアセチルコリン減少がみられます(アルツハイマー病に使われるドネペジルはコリンエステラーゼ阻害剤であり、アセチルコリンの分解を抑制します)。
パーキンソン病患者が認知症を合併したときは、レビー小体型認知症であることが強く示唆され、抗コリン剤は不適、認知症を悪化させる危険があります。
2、3:パーキンソン病では脳内のドパミンが減少していますが、ドパミンをそのまま投与しても血液脳関門を通過しません。よって血液脳関門を通過して脳内に入り、そこでドパミンになって作用するような、ドパミンの前駆物質が投与され、これがレボドパです。但しレボドパは、末梢でドーパ脱炭酸酵素によって分解されて、脳に移行するものが少なくなってしまうので、ドーパ脱炭酸酵素阻害剤(DCI)と合剤にすることで、L-ドパの脳内意向を高めています。
カルビドパはDCIです。
よってレボドパとカルビドパの合剤の中身はといえば、ドパミン前駆物質とDCIです。
4:wearing -off現象とは、L-ドパの薬効時間が短縮し、次の投与時間が来る前に症状が悪化する現象であり、服薬時間が一定なら、ほぼ決まった時刻に生じます。一方on-off現象とは、服薬時間に関係なく、急激な症状の警戒と増悪を繰り返す現象です。
毎日17時ころに症状が悪化するのであれば、それはon-offではなくwearing-offと考えられます。
5:COMT阻害剤は、L-ドパが3-OMDに代謝されるのを抑えL-ドパの血中濃度を維持します。L-ドパが血液脳関門を通過する際3-OMDと競合するので、3-OMDの産生を抑えることで、L-ドパの通貨が競合的に阻害されるのを防ぎ、結果的にL-ドパの脳内移行を増やします。
http://nmp.incvin.net/public/pk/
この二つの作用によってCOMT阻害剤はwearing-offやon-offみられる場合、L-ドパ又はL-ドパ・DCI合剤と併用されます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nmu********さん

2019/5/619:02:58

それはお辛いですね。お薬のことは主治医と相談していくしかないです。ジェネリックだからと思うなら変えてみるのも一つですね。
膝の関節ですが整形外科受診してみましょう。
パーキンソン病の進行具合は個人差が大きいです。ご存知でしょうがゆっくりと進行していきます。走れなく体調もおもわしくなくお辛いでしょうが出来ることをやっていきましょう。40年も走ってすばらしいですね。今は進行をおさえるためが一番大切です。リハビリの先生やお医者さんや家族ともみんなで病気と寄り添っていきましょう。お風呂に入って汗をだしましょう。筋肉がほぐれてきもちいいですよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる