ここから本文です

ルーズベルトはなぜ、第二次大戦に、アメリカを何がなんでも参戦させたがったんで...

huj********さん

2019/5/621:11:34

ルーズベルトはなぜ、第二次大戦に、アメリカを何がなんでも参戦させたがったんですか?

閲覧数:
58
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zez********さん

2019/5/709:10:26

第一次大戦後、世界最大の債権国となったアメリカにとっては既に欧州も実質的にその勢力圏下です。ドイツは事実上アメリカ資本によって制圧された国で、戦争でぼろぼろになったフランスは取るに足らない存在。イギリスは軍事力こそ欧州最強でも、世界に広がった帝国を維持するのに精いっぱいで19世紀までのような超大国ではなくなっています。
そして極東の新興大国・日本も、大国として活動するための資源をアメリカに全面的に依存しています。つまり第一次世界大戦を終えたアメリカにとって、世界に「自分たちの意向を否定できる国」は存在しなかったんですよ。唯一の社会主義国であるソ連だけがその枠外にありました。

しかし、1930年代にそうした世界状況を「米英中心の世界秩序」と断じ、それをひっくり返すべきと主張する勢力が表れだしました。欧州ではナチス。極東では日本の「革新官僚」や軍の若手将校たち。そうした者たちが政権を握り、実際に欧州と極東で既存の世界秩序を否定する領土拡大を推し進めている状況において、どうしてアメリカがそれをいつまでも見過ごし続けなければいけないのでしょうか?

欧州ではチェコスロバキアの併合まで我慢しました。極東では満州国の建国まで我慢しました。それでもなお、ナチス・ドイツはポーランドに手を伸ばし第二次大戦がはじまります。そして日本は米英の権益がたっぷり存在する中国を独占すべく全面戦争をおっ始めるだけでなく直接アメリカの領有地であるフィリピン攻略の足掛かりになりうる仏印までにも手を伸ばします。これでアメリカが戦いをえらばないとしたら、そんなヘタレには大統領たる資格はありません。

「何が何でも参戦させたい」というのは、こういう「アメリカが作り上げた世界秩序を否定する連中が、実力行使を躊躇せずに行うようになってきた」が故に「もはやアメリカも戦わざるを得ない」となっただけのことです。日本が1920年代の世界秩序を守る、せめて1937年の日中戦争開戦前の段階で止まっていたのなら、アメリカは日本との開戦を選ぶ可能性はゼロで第一次大戦同様に英仏を支援することでドイツを潰す戦略を選んでいましたよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

shi********さん

2019/5/710:55:08

あんな・・・。戦争っちゅうのは、経済発展の最良の手段、なのだよ。

命がけで、全国民が一体となって、身を惜しまずに働く・・・。経済にとっては理想的な状況や。物はどんどん壊れるし、いわゆる「実力主義」にもなるしね。


現代の無気力日本とは大違いやろ?
現代日本は、完全に目的レスや。

だから、日本は戦争に負けて大損害を被ったが、一方で、戦争をすることによって技術は進歩したんや。新幹線の技術に、零戦の技術が応用されていることは有名な話や。極端に言えば、戦後日本が経済成長し、米国を抜かんばかりに発展できたのは、日本が第二次大戦に参戦したから、とするのも強ち間違いではない。



だから、米国は経済のために戦争ばかり起こしてるんや。


事実、ルーズベルトのニューディール政策は経済に殆ど効果がなかったが、アメリカの参戦により、アメリカ経済はV字回復を遂げるのだね。

だけど、そんな事、教えることができないやろ?
アメリカの植民地、日本なら、なおさらや。

だから、教科書では、

「アメリカはニューディール政策により、世界恐慌から回復した」

な~んてデマを教えているのだな。

ehe********さん

2019/5/623:05:46

いいえ?違いますよ。
ルーズベルトは戦争をしない事を公約に大統領になったんですよ。
戦争をせず、兵器を売ってぼろ儲けし、ニューディールの失敗を挽回しようとしてたんです。

アメリカを参戦に導いたのは、イギリスからの要請と当時選挙投票権の半数をもつユダヤ人です。
が、レイシストなルーズベルトは戦前から日本を排斥し、大統領を続けたいがために対日交渉を硬化させ、手を出させるように工作したんです。

ちなみに、ルーズベルトのペーパーナイフは、旧日本兵の骨を削りだした物らしい。

プロフィール画像

カテゴリマスター

goo********さん

2019/5/621:28:53

不景気を脱したかったから。よく「ニューディール政策」でアメリカが復活した、と言われるがそれは間違いで、破滅的な状況を脱したにすぎず不況そのものは続いた。

1937年頃からの日本やヨーロッパの戦火が近づいたのに対応して大軍需産業が稼働したのが不況突破、好況到来になった。

だが武器を作ってもいつまでも置いといたら不良在庫になる。一番効率よく消費できるのは「戦争」。
だから参戦はルーズベルトに必要だった。

eki********さん

2019/5/621:16:09

単に日本が嫌いだから。
日本は4つの島に閉じ込めておけばいいと言ってましたので。
今の韓国人と何ら考え方が変わらない。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる