going to meetとgoing to be meetingの違いを教えてください。 洋書「Wonder」からの文です。

going to meetとgoing to be meetingの違いを教えてください。 洋書「Wonder」からの文です。 全体的な意味は分かりますが、英文法g弱いため、ニュアンスの違いがよくわかりません。 「I would have been more nervous about meeting Mr.Tushman if I’d known I was also going to be meeting some kids from the new school.」 ー>I was going to meet some kidsと I was going to be meeting some kidsの違いはなんですか。 よろしくお願いします。

英語28閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

「Wonder」原著、持っています!! 日本語版を読む機会があり、とても良い本だったので原著も購入しました! Augustが学校に行く前にTushman校長(?)に会う場面でしたかね?? 話しがそれて申し訳ありません。 ついつい、興奮してしまいました。 さて、質問の件。 不定詞以下を単純にmeetにするのではなく、あえて進行形にする意味ですよね。 これは「動的な表現」をしているのだと思います。 以前、これに近い質問を大学の教授にしたことがあります。 新幹線のアナウンスで 「This train will be stopping at Kyoto Station.」と言った表現があります。 これについて「なぜ、未来進行形なのか」と質問しました。 その時の返答が「新幹線が徐々にスピードを落として駅に到着するイメージを持たせるため」という内容でした。 つまり、will stopにしても文法的には全く問題はないのですが、nativeの頭に浮かぶイメージは異なるようです。 本文に戻り、日本語訳をすると・・・ 「トゥシュマン校長だけでなく、学校の生徒にも会うってことをもし知っていれば、もっと緊張していただろう」ってことです。 確かに、日本語では「会っている(be meeting)」とは言いません。 しかし、英語ではここで進行形にすることによって、トゥシュマン校長と生徒たちに「面会している(場面、状態)」の印象を強調(?)しているのではないでしょうか。 校長と生徒と面会した場面を振り返っての発言なので、面会したことを「単純に表現」するのではなく「面会していた状態や場面についても印象を持たせるため」に進行形にしている、と私は解釈します。 当たらず遠からず、のはずです・・・。 ご参考まで。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

私も映画を見てから原著、翻訳版全部買っちゃいました!回答ありがとうございます!!すっきりしました。新幹線のアナウンスも参考になりました。まさに同じ疑問(?)でしたね。これからもっと勉強します:)

お礼日時:2019/5/10 0:49