ここから本文です

ピアノを辞めたいのに親が辞めさせてくれない。

アバター

ID非公開さん

2019/5/920:09:31

ピアノを辞めたいのに親が辞めさせてくれない。

私は年長の頃から現在(中学二年)までピアノを習っています。何度か親に「ピアノを辞めたい」と言いましたが、両親は「自分がやるって決めたでしょ?ならやりなさい」「せめて高校までは続けなさい」と言って怒ります。私は「でも才能無いしピアノも嫌いだし、続ける意味ないよ」と言ったら親は決まって「あんたが才能無くて嫌いなのは知ってるよ。でも継続する力をつけておいた方がいいから何が何でも続けなさい」と言います。
親が言っていることは正論だし、あんまり反論すると平手打ちされるので結局続けるはめに…
レッスンをサボろうとしても先生が家に来るタイプなので出来ません。

正直もうピアノを見たくないし弾きたくもありません。でも毎日練習をしないと親に怒られてスマホも没収されます。
もう疲れました。なんとかピアノを辞める方法はありませんか?回答お願いします。拙い文章ですみません。

閲覧数:
138
回答数:
16

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eos********さん

2019/5/920:39:58

それ、ピアノの問題じゃないですね。

人生、社会とは常に不条理なものです。

今の現実、その不条理に耐える、乗り切る、継続するっていう、人間としてのノウハウを教育されているのが明確です。

人間、自分のやりたいことをひとつするためには、9つの事を我慢しなければいけないなんてことも言います。

それくらい、みんな我慢して我慢して、たった一つの好きな事が実現できるものだと、今後の人生、きっと死ぬまでそんな感じだと思います。

そういう教えの事であり、ピアノとはそもそも一切関係のない質問内容じゃないですか。


自分の事を見直すいい機会を与えてもらっていると思いますよ。

それが理解できるくらい成熟した人間であれば、きっと親もその辺を組んでくれたことでしょう。

客観的に見たら、ご両親?はそういう人格者って感じに思えますよ。

そもそも自分でやりたいって言いだしたことみたいですし、最後までしっかりと責任をもって最後まで分版って成し遂げる大人になって欲しいのだと思います。

  • eos********さん

    2019/5/920:44:07

    あ、ちなみに平手打ちは良くないですねぇ。

    暴力やDVは、将来あなた自身、またはあなたの子供の世代以降にまで連鎖する可能性が高い文化です。

    暴力が当たり前の感覚になってしまっているなら、大人になってから、子供や配偶者に対するDVなどに発展して、長年カウンセリングを行って洗脳しなおしてもらわないといけなくなるかも。

    その辺の知識は、親御さんにもちゃんと学んでもらわないといけない文化ですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2019/5/12 10:00:44

皆さん沢山の回答ありがとうございました。皆さんの意見を読んで、とりあえず高校生までは続けようと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/15件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tar********さん

2019/5/1200:13:59

こんなこと言うのもなんですけど継続する力なんていって実際の気持ちはここまでお金払ったのにそのお金を無駄にしたくないってことじゃないかなって思います。あといっそのこと親の親に連絡をしてみると言うのもアリだと思います。それで親の親から言ってもらってみたら効果はあると思います。

min********さん

2019/5/1119:31:49

継続する力なんてつかないですよ。

好きなことや才能があることなら楽しいから継続できるし、好きでもないことや才能ないことはやってる意味を感じられないから継続できなくて当たり前ですね。

先生も薄々あなたがピアノを嫌がってるのはわかっていると思いますよ。

ピアノの日は寝込んでしまうとかどうでしょうか?

それで暴力されたら学校の先生や警察に通報すると言ってみてはどうですか?
虐待と同じなので。

nek********さん

2019/5/1119:21:34

先生はそのことを知っていますか?
もし、知らないなら、先生に自分の気持ち、親が辞めさせてくれないことを話してみてはどうでしょうか。

イヤイヤ仕方なく続けているあなたに合うような、レッスンに変えてもらえそうな気がしますが、、、。
(宿題を減らす、曲を変える、など、負担を減らしたり、少しでも興味を持てそうな内容に変えてレッスンしてくれそうですが。)

hat********さん

2019/5/1012:13:58

ひどい家庭ですね。
「継続する力をつけておいた方がいい」と言いますけど、継続する力が無いのはむしろ親御さんのほうだと思います。(話し合いを継続することから逃げて、暴力に頼っている)

家庭に限らず、世の中は不条理なことがたくさんあります。
ただ、だからといって泣き寝入りしろというわけではなく、不条理に立ち向かう方法を知っておくのも良いのではないかと思います。

それは、とにかく、証拠を取ることです。

暴言や暴力を受けたら、その内容を日記に記録しましょう。
「何月何日、誰々から、〇〇ということを言われた。」という形です。

日記(ノート)は、親御さんに見つからないようにしてください。
自分の部屋に隠しておける自信がないなら、学校にノートを置いておき、学校で書くのも手です。

なお、自分(質問者さん)は暴言・暴力を絶対に振るってはいけません。
サルの観察日記を付けるくらいの気持ちでいましょう。
自分がサルに成り下がってはいけません。

可能であれば、録音機を隠し持ちながら、話し合いに臨むのも手です。(これは犯罪ではありません)

平手打ちを受けて耳が悪くなったり、その他の暴力で傷ができたりしたら、病院(または学校の保健室)に行き、次に、警察に行きましょう。
学校の授業は休んでもOKです。

病院では「診断書を書いてください」と言いましょう。お金がかかるのが心配かもしれませんが、無一文で駆け込んでもなんとかなります。お医者さんにも良心がありますし、最悪、金を出せと言われても、「持っていません。でも親は加害者なので呼ばないでください。警察を呼んでください」と言えばOKです。
また、警察では、「相談記録を残してください」とはっきり伝えましょう。

受けた暴言・暴力は、可能な限り多くの大人に相談して知らしめましょう。このとき、日記が大いに活躍します。
学校の先生、ピアノの先生、病院、警察、さらには児童相談所が使えます。
児童相談所については↓こちら。
https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/gyakutai/index.html

私は、暴力を決して許さないという正義感に立って行動できる人間であることのほうが、ただピアノを続けられるだけの人間よりもずっと立派だと思います。

親御さんは、親子の上下関係を振りかざして子どもを支配しようとする人間です。
確かに、親子の間には上下関係があるかもしれない。社会でも、上司と部下の間には上下関係があるかもしれない。
しかし、法律を守る守らないの話に比べれば、そんな上下はちっぽけな差です。証拠さえ揃っていれば、子どもだろうと、部下だろうと、法律を守っている人間のほうが勝ちます。
そのことを、親御さんに教育してあげましょう。

psg********さん

2019/5/1010:32:36

ただ「嫌だから辞めたい」じゃ親御さんは納得しませんよ。親御さんからしたら「ただ楽したいが故のワガママ」です。
代わりに何を頑張るのか、何を学ぶのか、それを貴方から提示しないと。
「将来のために英語を学びたい。ピアノを弾く時間を英語を学ぶ時間にあてたい」
「将来のために他の資格をとる勉強をしたい。ピアノを弾く時間を勉強にあてたい」
とかね。もちろん有言実行しなきゃならない。

中学二年生なら、ぼちぼち将来の事も考えなきゃならん時期です。
これを機にこの先何が必要になるかしっかり考えて、親御さんに伝えましょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる