ここから本文です

朝、日向灘で起きた地震って南海トラフですか?心配です!

yor********さん

2019/5/1007:50:52

朝、日向灘で起きた地震って南海トラフですか?心配です!

閲覧数:
352
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tre********さん

2019/5/1007:52:26

予兆の1つかも知れませんね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mas********さん

2019/5/1018:41:41

今日の日向灘での地震
まずは様子見です
ここ2、3日に日向灘で、さらに大きな地震が再び起きる可能性もありますので、ひとまず様子見です


これまでに日向灘で時折、小さな地震が起きてましたが、そういった弱小の地震はあえて省きます

今日のように体に感じる大きめの有感地震を対象としますと、南海トラフとの関連性はあります

ズバリ言いますと日向灘地震も、南海トラフも滅多に起きる地震ではありません
特に南海トラフは数十年または数百年に一度の地震です
ただ過去に南海トラフが起きた際、前兆として日向灘で地震が起きていた事実があります
私の知るなかでは2回です

1498年 6月 日向灘 M7~M7.5
1498年 9月 明応地震 M8以上(東海地震、東南海地震、南海地震が1度に起きました)

1942年 4月 日向灘 M6
1942年 8月 日向灘 M6
1942年 8月 日向灘 M6
1944年 12月 東南海地震 M8以上
1946年 12月 南海地震 M8以上
この時は東南海地震と南海地震が別の時期に起きました
ちなみに東海地震は起きてません

日向灘地震が全ての原因かは不明ですが、震源地などを考えると、南海トラフの前兆として受け止める事は十分にできます

今日の地震もまだわかりません
このまま沈静するかもしれません
数ヶ月後に再び起きるかもわかりません

あるいは東日本大震災のように、2日後にM9の巨大地震が起きた前例もあります
あの時は本震2日前に起きたM7の地震が、本震かと誰しもが思ったはずです
あのとき気象庁は、今後1週間くらい小規模な余震があるかもしれませんので注意してくださいと言ってました
ところがそれは前震で、本震は2日後のM9という巨大地震でしたので

いずれにせよ今日の日向灘での地震は警戒心が強まります

mom********さん

2019/5/1009:00:22

最大震度5弱ですが大丈夫でしたか。

朝、起きた地震と今日の震度5弱は関係ありそうですね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

yos********さん

2019/5/1008:32:47

10日午前7時43分に発生した日向灘を震源とするM5.6の地震は、南海トラフ域の南西端付近から九州側へと潜り込んでいるフィリピン海プレートの上部面で発生しています。

この付近では3月27日にもM5.4の地震を2度発生させ、その頃より阿蘇山中岳の活動が活発化しました。

この領域へ加わっている力は東南東側からであり、その方角は九州側へと向いています。
南海トラフ域がある方角とは全く異なるわけですから、この地震が起因となって南海トラフ地震を誘発するような効果は持ちません。

● 2019年3月以降の震源記録で作成

10日午前7時43分に発生した日向灘を震源とするM5.6の地震は、南海トラフ域の南西端付近から九州側へと潜り込んで...

プロフィール画像

カテゴリマスター

nvw********さん

2019/5/1008:20:57

【朝、日向灘で起きた地震って南海トラフですか?心配です!】(yor********さん→)


・「朝」の地震
「2019年5月10日07時43分:日向灘:M5.6:震度3:5月10日07時47分(北緯31.8度、東経132.0度:宮崎市沖合東南東約52km)で、震源の深さは約20km」

なので、「南海トラフ」ではなく「日向灘」です。

「日向灘」での地震、最近では
「2019年3月27日09時11分:日向灘:M5.4:震度3:3月27日09時16分 (北緯32.2度、東経132.2度:日向市沖合東南東約57km,日向海盆)で、震源の深さはごく浅い(→15km)
「平成31年3月」<http://www.jma.go.jp/jma/press/1904/08a/1903kyusyu.pdf>「3月27日 日向灘の地震:2019年3月27日09時11分に日向灘の深さ15kmで M5.4の地震(最大震度3)が発生した。また、同日15時38分にほぼ同じ場所でM5.4の地震(最大震度4)が発生した。これらの地震は、発震機構(CMT 解)が西北西-東南東方向に圧力軸を持つ逆断層型で、フィリピン海プレートと陸のプレートの境界で発生した。

1997年10月以降の活動をみると、今回の地震の震源付近(領域b)はM4.0以上の地震がしばしば 発生するなど地震活動が活発な領域である。最近では、2014年8月29日にM6.0の地震(最大震度4) が発生した。
1922年以降の地震活動をみると、今回の地震の震央周辺(領域c)ではM6.0以上の地震が時々発生している。近年では、1996年10月19日にM6.9の 地震(最大震度5弱)、同年12月3日にM6.7の地震 (最大震度5弱)が発生し、ともに最大で十数cm の津波を観測した。」

がありました。

ここ10年では(M5以上)
「検索条件
地震の発生日時 2009/05/09 00:00 ~ 2019/05/08 23:59
地震の規模 M 5.0 以上、M 9.5 以下
震央地名 日向灘
検索結果
検索結果地震数 : 7 地震 (「地震の発生日時の新しい順」で表示)
震央分布図に移動
震源リスト
地震の発生日時 震央地名 緯度 経度 深さ M 最大震度
1 2019/03/27 15:38:03.3 日向灘 32°09.8′N 132°09.0′E 21km M5.4 4
2 2019/03/27 09:11:23.3 日向灘 32°09.1′N 132°09.3′E 15km M5.4 3
3 2017/03/02 23:53:42.6 日向灘 32°38.7′N 132°07.9′E 37km M5.3 4
4 2015/08/26 07:51:36.2 日向灘 32°06.4′N 131°51.8′E 34km M5.2 4
5 2014/08/29 04:14:35.5 日向灘 32°08.4′N 132°08.7′E 18km M6.0 4
6 2013/03/11 18:34:49.6 日向灘 31°34.5′N 131°51.5′E 25km M5.2 3
7 2009/08/05 12:51:14.0 日向灘 32°31.1′N 132°07.1′E 33km M5.0 4」
です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

pse********さん

2019/5/1008:04:12

関係ありません

小さな地震が起きたら南海トラフ地震が近い、という噂がありますが、ウソなので無視しましょう。

ネットでは地震のウソを拡散して楽しんでいる人がいます。ですからネットの噂は当てになりません。

地震について本当に大事なことはNHKや気象庁が必ず伝えますので、不安になったらネット検索で見に行きましょう。

南海トラフ地震はあなたが生きている間に必ず起きる地震ですが、それが心配だからといって、ネットの噂を頼るほど馬鹿らしいことはないです。

気象庁が南海トラフ地震について分かりやすくまとめています。この知識があればネットの噂に右往左往することはないでしょう。
http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/nteq/nteq.html

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる