ここから本文です

世界史を勉強していて、疑問に思っているのですが、

アバター

ID非公開さん

2019/5/1308:20:59

世界史を勉強していて、疑問に思っているのですが、

宗教に依存し心の拠り所にする人って、なんでそうなるんですか?
本当に理解ができなくて、単純に知りたいです。
辛く苦しいとき、なんでそんな得体の知れない実体のないものに頼れるんですか?そっちの方が怖くないですか?
結局自力でどうにかするしかないのに、救いを何かに求めて存在すら確認できないものが、そもそも具体的にどうやって自分を救ってくれるんですか?

宗教を否定している訳ではなく、むしろ肯定しています。いろんな生き方があっていろんな考えがあっていいと思います。ただ、思考が分からなすぎて知りたいだけなので教えて欲しいです。

自分は、神様とか超次元的なものは存在するんだろうなー。くらいの感覚です。神道は信じていると思います。山とかに神様はいるんだろうなーってかんじです。

宗教を心の拠り所にしてらっしゃる方にとって、不愉快に感じてしまう文面であったらすみませんm(__)m

閲覧数:
100
回答数:
15
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

des********さん

2019/5/1308:28:55

>世界史を勉強していて

歴史的には科学の発展していない時代なので作物の事も病気の事も天災の事も全部神様のせいに出来た時代でした、そんな中で宗教組織が軍事、経済で実権を持つのはごく自然な事ですよ、そして組織は一度力を持つと勢力の拡大に走り人心を掌握するために天罰や神のかごの話を広めて科学を排除して来ました。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/5/1308:33:27

    なるほど、わかりやすいです!
    ありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/14件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

snw********さん

2019/5/1723:53:07

昔は今と違って死と隣り合わせだったり、身分が低いせいで生活に希望がない人もたくさんいたわけよ。それに身分が固定されてるからラノベやアニメみたいに大逆転なんてほぼない世界なわけよ。そんな時の心の支えが宗教なんよ。信じてれば死んだ後に天国に行けたり生まれ変わって新しい人生を送れるって考えられるんだぜ?だからみんな一緒懸命生きられたんよ。この人生をしっかり耐え抜けば救われるって。得体が知れないからこそ完全に否定できないから真実味が増すってのもある。

tos********さん

2019/5/1723:44:15

自力では人の本質的苦悩(四苦八苦)は解決できないと日蓮正宗の仏法では説かれているからです。

真実の宗教を持たず、正しい信仰を知らない人は、あたかも航海の知識もなく、進路を見定める羅針盤も持たずに大海原に乗り出した船のように、人生をさまよわなければなりません。

釈尊(お釈迦様)は涅槃経というお経の中で、信仰のない人のことを、「主無く、親無く、救無く、護無く、趣無く、貧窮飢困ならん」と説いています。

すなわち、正しい宗教を持たない人は、仏という人生における根本の師を知らず、正法の財宝(功徳)に恵まれない、心の貧しい人だというのです。
さらに長い一生の間には、経済苦や家庭不和や社会不安の影響などによって、深刻な悩みや苦しみが押し寄せてくる時もありましょう。
少なくとも病苦・老苦・死苦などは、誰もが必ず直面 しなければならないことなのです。

実際に自分がこうした苦悩に遭遇した時のことを想像してみて下さい。
はたして本当に自分の信念と努力で、このように悩みや苦しみを乗り越えることができるのでしょうか。
少なくとも自分一人の力で、その苦しみのどん底からはい上がり、我が身の不幸を真実の幸せな人生へと転換させることは容易なことではありません。

まして一切の苦悩に打ち勝って、安穏な、しかも行きづまりのない自在の境涯を開拓して生きるなどということは、できるものではありません。
ここに、正しい信仰によっていかなる障魔にも負けない不屈の闘志と、仕事や家庭など人生におけるすべての苦難に打ち勝つ力を養うために、宗教の必要性があるのです。

man********さん

2019/5/1520:05:35

「溺れる者は、藁をも掴む」です

plm********さん

2019/5/1419:54:06

それは、あなたが、
黙ってても今日のご飯が約束されている
恵まれた日本に住んでいるから、そう思うのでしょう。
例えば、サラリーマンだったら、
祈らなくたって給料は振り込まれます。
祈ったって額は増えません。
そういう社会じゃ宗教はピンときません。
宗教を信じて神に祈るより、
上司にゴマをすったほうが
合理的に思えますよね。

しかし、狩猟や漁業を生業にしていると、
獲物が取れるかどうか、その日一日、
事故無く安全に終えられるかどうか、
それはやってみないとわかりません。
運という得体のしれない実体のないものに
左右されていることを実感するのでしょう。
農業も天候次第で収穫が大きく左右されます。

>結局自力でどうにかするしかないのに

と言いますが、地震も津波も
自力で全てをどうにかすることはできません。

海や山や大河など
自然の圧倒的な存在感に触れたとき、
自然と祈る気持ちが湧きおこってきます。
自然と親しく接する生活をしていると、
神仏に祈るというのは自然な感覚なのだと思います。
しかし、今の日本のように結構田舎の町でも
アスファルトが敷き詰められ木々が少ない環境だと
そういう圧倒的な自然の存在感に触れる機会がありません。

つまり、給料が確約されている都会のサラリーマンは、
生活の大部分が自力でなんとかなるので、
宗教的センスが育ちにくいんですね。
その子供となると、さらに宗教が理解できないのも
仕方ないのかなと思います。
一方で自然に身近に接するひとは、
自力で何ともならないことが多い事を知っているので
祈るのです。

まあ、一度伊勢神宮と高野山金剛峰寺と比叡山延暦寺に
行ってみることをお勧めします。
こういうのは言葉で説明しても何もわかりません。
そこに行って、その場に立って、
その場の空気を感じ取るしかありません。
私も20代前半のころに初めて伊勢神宮に行ったとき
理屈抜きの神さびた雰囲気に感銘を受け、
千年前の日本ってこうだったんだろうかと
感動しました。
宗教に対する理解というのは、こういう感覚が
基礎になるのだろうと思います。

sai********さん

2019/5/1403:51:12

人類史=ヒストリーは日意の物語でイエスを通じて人類を育てている創造主の愛の四季、神風の流れである。
歴史=屍木木止、口乂、人間を二回(夏と秋、6と9)蘇らせる、殻に駆けて(穴に矢)治める。

イエスが昇天した十字架刑は4月7日、真珠湾攻撃=12月(師和す)7日,戦艦大和撃沈=4月7日、昭和天皇裕仁様崩御==1月(始月)7日、ノアの箱舟の上陸=2月27日,4(2+2)7、ニイタカヤマ祖師岡田光玉誕生=1901年2月27日

阪神大震災=1985年1月17日5時46分
米国多発テロ=2001年9月11日、8時46分
東北地震=2011年3月11日、14時46分

数字の46は種の謀りを読むべし、48は種開く、あ~ん、夜外撥ねして預羽して天の故郷へ飛び帰れです。69=神に向く、96=組む究明で∞、8

今、豚コレラが流行り止まりませんが、豚に真珠では真珠湾攻撃を受けると警告を受けている。
オアフ島が猪の頭であり、福島は豚で目の朝日岳は1624mで始めの謀りの西=リトルボーイ(8月6日,安芸広島)の腹が曝されたのである。
歴史を知ることは神を知る事で、勉強は兔(憂詐欺心=腹の虫の蝮)を治める力を強くすることである。

自分の助で母である肉体エバの獣製本能(666=病手≂ブラックホール、落とし穴=家栖)から朝の光の中に抜け出て天国に誕生することである。腹の虫の蝮(原罪、種)の真無視の罪、毒氣を治める反省悪阻に生きることによって、人間は神に育って天国に誕生すると約束されている。この神との契約にいきることを阿運アメンのマントラ、真珠湾攻撃のトラトラトラの男(アダム=神の子)の旅というのです。

5月10日のゴットの日のに8時48分に宮崎県でM6,3(無惨)の地震がありました、この時間とヨハネ福8章48節の連携を見てみます。848は開智のヨハネ、ヒヨコが預羽して鶏になる、風見鶏に育って神と人の阿運アメンノキャッチボール、二人三脚で天に上る時が来たと読めます。イエス(猿田彦)が出迎えた天孫の邇邇芸命とは、魂を育てる信仰者で全人類のことです。勾玉=璽=邇,爾=Tハ冂爻爻、日意の愛開くを受けて肉体の左右上下を統一する事によって魂(玉)は真珠に育つのである。

848は8848mの世界最高峰のエベレストに通じ、選べ不足(レスト≂穴)を得るべし、で穴に矢の真理矢は母のヨハネなり、で48作で終わった男はつらいよの車寅次郎の死去は平成8年8月4日で連携はとられている。天変地変も人類を覚醒させるための創造主の愛の現れであるのです。

この日の午後2時に秀思學は突然の眩暈に倒れ病院で初めての点滴を受けました。夜までに7回ほどの嘔吐があり、人類は天国への誕生復活の為に一度死ななければならないという主のメッセージを頂いたと理解しました。
人類は韓国(からくに)岳に降ろされて日向灘(南無=酸い葡萄酒の世間)を東征して大和(令和)を果たして日の本(櫻の園=天国)に凱旋すると定められている。

前日の9日に北朝鮮が2発の短距離ミサイルを発射し、米国がICBMの発射実験をしたことはヒヨコ(腹の蝮の商人根性)のままで天国に誕生できない人類を暴露された警告である。

8:48ユダヤ人(現代人)たちはイエス(神)に答えて言った、「あなたはサマリヤ(真理矢に差がある)人で、悪霊に取りつかれていると、わたしたちが言うのは、当然ではないか」

解釈)現代人は神(聖書)のマリヤの教えが解かっていない=あなた方は私を殺そうとしいる。
人間は皆マリヤである=人間は自分の腹の中に本当の自分(神の子)を孕んで育てている妊婦である。イエスのように十字架の思いと行動をすればパラダイス(羽羅題主)に迎えられるのである。

ユダヤ人とは腹の虫のユダ(憂蛇=真無視、ウ詐欺、商人=穴)=に矢するアダムで侍でカミさんに勃起して子実魂を作る者のことである
=猶太、獣のソ粗(腹の虫)を啄む酉(=東)で、アロン(阿路運)の杖で、水を割って命の旅をするモーゼのことである。

https://blogs.yahoo.co.jp/syuushigaku/MYBLOG/write.html?fid=1272344&pid=70288968&.done=https://blogs.yahoo.co.jp/syuushigaku/MYBLOG/yblog.html

天国の鍵、漢字,地理、歴史,高麗犬、一切神の声、最後の学問「秀思學」のすすめ

人類史=ヒストリーは日意の物語でイエスを通じて人類を育てている創造主の愛の四季、神風の流れである。...

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる