自賠責と任意保険について

自賠責と任意保険について 私は歩行者で先日車と接触事故がありました。 私は保険についてあまり詳しくないのでいくつか教えて頂きたいことがあります。 これから相手方の契約している任意の保険会社と話をすることになるのですが、 インターネットで調べると120万までは自賠責で保証されると書かれていました。 休業補償と治療費を合わせても120万までは行かないと思うので 自賠責で保証される範囲だと思います。 自賠責で支払われるのに任意保険の人と話をするのか? という疑問が1つあります。 あとは保険会社と話して過失相殺になった場合 自賠責の上限も120万から減額されるのだと思いますが、 もし私が50%悪いことになったとしたら (横断歩道上&信号無視なので有り得ませんが、、) 自賠責の上限は60万になるということですか? 60万円までに収まれば休業補償も満額でるのでしょうか? 50%過失相殺の考え方が上限が50%減るということなのか、 休業補償も満額の50%しか出ないということなのか 分からないので教えて欲しいです。 自分でも調べてみたのですがよく分からなかったので どなたか宜しくお願い致します。

ベストアンサー

0

>休業補償と治療費を合わせても120万までは行かないと思うので自賠責で保証される範囲だと思います。 →自賠責保険の支払限度額は120万円ですが、治療費、慰謝料、休業損害補償費、通院交通費等の合計で120万円が限度額です。 又、治療費は健保料金ではなく自由診療となるケースが多いので、通常の治療費よりかなり高額になるkとも考慮しておいてください。 尚、交通事故でも健保を使うことができますが、最初にはっきりと健保診療で申し込みを行い病院も同意していないと自由診療になる事が有るので注意してください。 >自賠責で支払われるのに任意保険の人と話をするのか? →自賠責は自賠責保険金支払請求書に必要資料を添付して請求を出さないと支払ってくれないので、任意保険が自賠責分も含めて賠償金を支払い後で自賠責へ(任意保険が)請求する対応(一括払対応)をするのが一般的になっているので、任意保険の担当と話をするのです。 >保険会社と話して過失相殺になった場合自賠責の上限も120万から減額されるのだと思いますが、 →自賠責の上限が減額されるのは被害者過失が70%以上ある場合だけ。 任意保険が一括対応してくれる場合は被害者過失が50%以下なので自賠責の上限が減額されることはないはずです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんとてもわかりやすく回答してくださりありがとうございました。

お礼日時:2019/5/14 13:05

その他の回答(4件)

0

>自賠責で支払われるのに任意保険の人と話をするのか? その自賠責保険の手続きなどを任意保険会社が代行してくれるのです。 また、本来なら治療費は治療を受けた当人が医療機関への支払いをするべきであり、かかった費用を自賠責保険に請求するのですが、任意保険が間に入ると任保険会社が病院等での窓口負担を立て替えるなどし、被害者の経済的な負担を緩和します。そして示談成立後に保険会社が自賠責保険に対して加害者請求をするという方法がよくとられるのです。 >もし私が50%悪いことになったとしたら 自賠責の上限は60万になるということですか? なりません。自賠責保険は過失割合とは関係なく補償範囲内で全額補償されます。 自賠責保険は被害者を救済するのが目的の保険なのでよほどのことでないかぎり減額されません。よほどのこととは明らかに自らの過失が大きい事故で負傷した場合などですが、その場合は補償範囲の7割程度に減額されることはあります。

0

1.相手=自動車がある交通事故においては、人身傷害の補償は、相手=加害者の自動車損害賠償責任保険(自賠責=強制保険)を優先して請求し、そして、不足した場合は、自動車保険(任意保険)の対人賠償保険へ請求いたします。 2.次に、交渉相手ですが、自賠責と自動車保険の損保会社が異なる場合は、自動車保険の損保会社が自賠責も代行して対応する取り決めになっております。自賠責の補償金額を越えるか越えないかに関係ありません。 3.自賠責は、被害者の過失割合が70%以上のみ、20%減額されますが、過失相殺の方法は採用いたしませんので、ご安心下さい。 専門用語を羅列して申し訳ございませんが、何かご不明の点がありましたら、お気兼ねなく再質問して下さい。 以上、お大事になさって下さい。

0

こんにちは。 お怪我で総額が120万円を超えないのであれば、事故相手の任意保険会社が一旦、あなたへお怪我の賠償金として「治療費・慰謝料・休業損害等」をお支払いしてその後に、加害者が契約している自賠責保険へ求償します。 自賠責保険に過失相殺はありません。お怪我をされた方に過失が有り7割を超過すると保険金額が2割の減額となります。 ※120万円×0.8=96万円の保険金額になります。 治療費・慰謝料・休業損害等の合計が保険金額内であれば休業補償も満額となりますよ。 お怪我の補償で過失相殺がかかるのは保険金額を超過する場合です。

0

>自賠責で支払われるのに任意保険の人と話をするのか? 自賠責保険には示談交渉はありません。ですので任意保険が示談をし保険金を支払うという役目をします。のちに自賠責保険から回収します。 >自賠責の上限は60万になるということですか? 70%以上の過失がない場合には、自賠責保険内では過失に関係なく100%の支払いをします。自賠責は被害者救済を目的としているものですからそういう面でも有利なのです。