ここから本文です

大学の友人から宗教の勧誘を受けました。創価学会というところで、友人の家自体が...

アバター

ID非公開さん

2019/5/1401:20:57

大学の友人から宗教の勧誘を受けました。創価学会というところで、友人の家自体がその宗教に入っているらしいです。

詐欺だったり危険な事は無いということは分かったのですが、正直興味無いので断りたいです。
けど僕のために友達が創価学会の学生部から数人集めてたこ焼きパーティーまでしてくれるらしく、友達も自身の利益のために僕を誘ったわけじゃないので断わりずらいです。
何か断るいい理由ありませんか

閲覧数:
122
回答数:
12

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

luc********さん

2019/5/1807:20:44

何か悩み事を相談しませんでしたか?
信心してないから悪い事が起こると言って
マインドコントロールされますよ。
「僕の為を思ってくれるんだから断り辛い」
と考えている時点で、もう既にマインドコン
トロールが始まっています。
その事を自覚して下さい。
友人関係が悪くなったり縁が切れても仕方無い
ぐらいの決意は必要です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pop********さん

2019/5/1604:52:29

先ず、たこ焼きパーティーを断れば?一生付きまとうであろう宗教活動を たこ焼きパーティーしてくれるからと悩む必要は無いですよ。

宗教の勧誘を断って壊れる関係なら、勧誘目的で貴方に近づいただけです。貴方が気に病む必要はありませんよ。

勧誘が余りにしつこい様なら大学の学生部(大学で言い方違うかも)に言えば?

世紀末頃、新興宗教の活動が大学でも活発にされていて問題になったから意外と慣れてるかも。

アバター

ID非公開さん

2019/5/1603:05:51

tos********さん

2019/5/1505:03:06

学会に関わっても幸せになれないことはお気づきだと思います。
今回の手口としては言ってみれば詐欺師と同じようなもので、食事などで貴方を釣ろうとしているのです。

断り文句としては、
・信仰は個人の自由だが信じるつもりはない
・幸せになれるとは思えない
と言えば良いでしょう。
それで嫌な顔をしたり付き合いが悪くなるなら、それまでの関係だったということです。

余談になりますが、仮に教本や数珠、パンフレットなどを受け取ったとしても、これらは不幸の原因となるため捨てましょう。

sin********さん

2019/5/1422:03:21

創価学会はカルト宗教で、無理矢理な入信強要で自殺者を出すし、脱会者をストーカー殺人することも珍しくない、危険な集団です。
一切関わらないことですね。

昔の勧誘は過激で、入信強要によって自殺者を出したり、家に押し入って神棚を壊すなどしていたために社会問題にもなりました。

1951年二代目会長に就任した戸田は当時会員数が5000世帯だった会員を、7年 で75万世帯にすると目標を打ち出し、大規模な布教活動、「折伏大行進」を行った。

「折伏大行進」では、学会に入会しようとした家庭に他宗派の仏壇や神棚が置かれていると、それを無理やり焼却したり破壊し、軟禁や脅迫のようなことも行った。

長崎で入信を強要された19歳の少年が飛び込み自殺をしたことが明らかになると一般社会から強い反発を集めた。

当時の毎日新聞が、最近は「新興宗教が暴力をふるって信仰を押売りして困る」という非難の投書が多数あるとして、その影響の少なくないことから、寄せられた投書の一部を公開、記事にすることであくどい勧誘の実態を世に知らしめ警鐘をならしました。


毎日新聞 5面より

朝八時半から夕方五時までねばり体の弱い私(主婦)に入信を決意させ、主人の帰らぬうちにとせめたてて神だなを焼かせた。あやゆく主人から離婚されるところだったが、近郷では離婚された人もあり、多くの人が迷惑している(宮城県一主婦)

病気の細君を近所の信者が訪れ強迫的に夜中の二時までがん張り、心身疲れた細君が、それではよろしく、というが早いか仏壇の阿弥陀仏、観音像、大神宮などをその場で取壊し強制入会をさせた(館林市一住職)

入会を断った若い女患の病室へ押しかけ、貴女は強情で色情の因縁が強いとか、親不孝の罰で病気にかかっているのだと暴言を吐いて泣かせた(千葉県一療養者)

祖先からの宗旨を変えない家には必ず胸から上の病気で死ぬ人が出ると入信を強要された(横浜市一商人)といったもので、病気とか経済的な弱みにつけ込んで「たたり」の恐ろしさ、あるいは「治病」のあらたかさを説いて入信させるのが手口のようである。


福島民報(昭和三〇、九、一六)
福島県相馬郡石神村長野の古内亨(四五)方に、創価学会原町班の鍛冶職郡山昌巳(三八)靴屋、高橋祐年(二二)並に女二人が押しかけて、十一面観世音菩薩像と、約二五万円相当のトタン葺御堂を焼払ってしまった。(P108)


山形新聞(昭和三〇、一〇、二七)
山形県円応寺のあるお菓子屋さんに五、六人の創価学会員が押しかけて、強引に入会させ、「コウイウノガアルカラ救ワレナインダ」と佛像をはじめ、神棚にかざってあるお札や稲荷さん等をメチャメチャにこわした。(P108)

ラジオ東京の報ずるところによれば、藤井公安調査庁は十一月十九日、千葉における報道記者との会談で、国内治安対策の一環として、各地で問題を起している軍隊的組織を持つ宗教団体である創価学会に対して、破防法を適用することも考えられると語っている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%98%E4%BC%8F%E5%A4%A7%E8%A1%8C%E...


ちなみに、辞めるとどうなるかは、この書に詳しく書かれています。
https://matome.naver.jp/odai/2153412187173818501

https://ameblo.jp/banana-8t1e/entry-12190805204.html


週刊新潮 『創価学会 脱会者 3300人大調査』

創価学会を脱会したから地獄に落ちるのではない。創価学会が脱会者を地獄に落とすのだ-。
そう思えてならない。

以下に紹介する様々な嫌がらせは、平成四~六年をピークとして漸減傾向にあったが、オウム事件以降ぴたりと止まったという証言も少なくない。
嫌がらせの手法は全国で酷似しており、時期も集中し、一斉に静かになる。
ともすれば、これは、早速、組織的な動きと言わざるを得ない。


「平成六年七月『町内のみなさん、この男女にご注意ください』『夜な夜な市内に出没し、脅迫・嫌がらせをする変態夫婦!』などと書かれた中傷ビラを私の住む団地のほぼ全戸にばらまかれました。顔写真、自宅住所や電話番号、勤務先とその電話番号まで記されていた。」
(元ブロック長のTさん・北海道)
この事件について、Tさんは刑事告訴している。

アンケートでは「中傷ビラを投げ込まれた」と回答した人が多かったが、Tさんのような卑劣な怪文書の他、聖教新聞、創価新報などの学会機関誌や中日新聞の投げ込みも含まれている。

このほか、「人殺し」「泥棒」「不倫で家庭不和」「倒産して夜逃げした」などというデマも限りない。
脱会者は、どうしても地獄に落ちなければならないのだろう。

「脱会すると毎日のごとく嫌がらせに男子部、壮年部が来る。
家にいては毎日学会員が来るので、近くにブティックに勤める。ところがそこに学会幹部、婦人部が毎日やってきて、店主にヒソヒソ話していく。『あの人を使うなら、洋服は買わない』。
ある日、店主に店を辞めてくれと言われ、クビになる」(女性)

「学会の会合で、私が気が狂っているから注文をやめた方がいい、と流され、注文が減り、指呼とを変わらざるを得なくなりました。
そのほかにも、死にかけだの、病気だのと遠い地域に住む友人に嘘を流し、聞いた人から安否確認の連絡が入ってようやく嫌がらせに気がついたこともあります。」
(元婦人部のMさん・岡山)

「自営業をしています。『裏切り者だから、あの店には行くな』と会合で指導があり、以後学会員は来ません。また、一般の方から『あの店を潰すのに協力してほしい、と学会の幹部の人から頼まれました』と聞きました。営業時間中、少なくても二、三回の無言電話がかかってきます」(元夫人部のSさん・神奈川)

「脱会後、口コミによる不買運動が近隣の県まで及んだ。何とか頑張ろうとしたが倒産した。」(男性)

「私の所有する賃貸住宅の入居者に『自分は(暴力団)S会の者だが・・』と脅迫電話が入りました。どうやって入居者の電話番号を調べたのか今も分かっていません。」(元ブロック幹部のSさん・北海道)

「勤務先へ電話してきた。『影山は町内で変なことをするから注意しろ』と言って切れた。家には学会員から何度も『殺してやる』と電話が入った。」
(元壮年部のKさん・広島)


デマを口コミで流すことは学会の得意とするところだが、個人の生活に関わるだけに罪は重いと言わざるを得ない。

「平成三年、私は突然、見せしめと思われる一方的な除名処分を受け、脱会を強要されました。副会長など大幹部4人が突然押しかけてきて、今後逆らうとどうなるか分からない、と脅していきました。」
(元地区部長のSさん・栃木)

「娘が学校から帰るのを待ち伏せしていて、一緒に(信者が)入り込むことがあった。家のフェンスを乗り越え、カーテンの隙間から中を覗いていた。外で待っている車には、婦人部がいた。」(40代女性)

「電話でニセの情報を流すと、学会員はそれに沿った形で監視や尾行活動を行うのです。ですから盗聴されていると考えています」(元副支部長のKさん・北海道)

実際に盗聴器が発見されたケースもある。
「電話に雑音が入るので、電話局に言って調べてもらうと、家の外壁ボックス中に盗聴器が仕掛けてあった。犯人は分からないが、当時は学会男子部が現れて頻繁に尾行されたり、二階の窓ガラスが石を投げられて壊されたので、学会関係者の仕業と考えています。」(元副ブロック長のKさん・新潟)

脅迫も凄まじい。

「『癌で死ね。うろちょろするなクソババー、殺してやる』と書かれた脅迫状が投げ込まれた。手紙の中には小学校の教員のものからもあった。」(50代女性)

「危険人物のレッテルを貼られて突然除名された後、夜中の一時、嫌がらせの電話がかかる。がやがや雑音が聞こえるなか『あんな奴は殺せ!』『交通事故で死ぬぞ』と電話の遠くから怒鳴っているのが聞こえました。実に陰湿な脅迫で、家内も電話が鳴る度に恐怖におののいていました。」
(元支部指導長のSさん・福岡)

「自宅の駐車場前で見覚えのないワゴン車に同乗を求められ、拒否すると脇を抱えられ乗せられそうになった。『学会男子部か?』と聞くと、『そうだ、命を大切にしろ』と言った。」

「数限りない嫌がらせを受けてきた元創価学会理事・公明党鹿児島県書記長の山口優さんは、(1年にわたる)電話脅迫、無言電話で心労を重ねた義母は、入院後五十日で死亡しました。」


嫌がらせやストーカー犯罪を信者にやらせていた幹部は、インタビューにこのように答えた。

尋常ではない非常識で異常な嫌がらせを脱会者に対して行う彼ら。なぜそこまでやるのか?なぜそこまでできるのか?
昔は嫌がらせを指示していた側であり、今は嫌がらせを受ける側になった、元学会幹部で脱会者の佐貫修一氏に話を伺った。

-話を聞く限り、ホント酷い嫌がらせですよね。異常ですよね。
『そうですね。鶏の頭を10個、20個と家の前に置かれたヤツとかいますからね。』

-そ、相当気持ち悪い図ですね。佐貫さんが脱会したときも嫌がらせは酷かったんですか?
『その頃はナンバーディスプレイがほとんど普及していないし、着信拒否なんてできなかったから、毎朝3時、4時まで電話が鳴りっぱなしですよ。』

-10年以上、経っているのに?それって上の人が指示するんですか?
『指示しなくても、自分からやるヤツもいます。学会男子部など裏工作や他宗教への攻撃など外部に対して働くことを主とする中心の謀略グループみたいなものがあって、持ち回りでやるんですよ。担当を決めて。もちろん指示してやらせる場合もあります。私は幹部だったからやらせていた方ですけどね。』

-中に居たときは、それは良いことだと思ってやっていたんですよね?
『もちろん、そうですよ。池田先生を守るためですからね。』

創価学会はカルト宗教で、無理矢理な入信強要で自殺者を出すし、脱会者をストーカー殺人することも珍しくない、危険な集団...

zop********さん

2019/5/1412:47:19

断わりたいという質問なのに、創価学会へ誘おうとする回答が来るかもしれません。創価学会員は執拗です。

さて、私だったら次のように答えます。

『愛犬のダイサクが創価学会だけは駄目だって聞かないんだよね。だから行けない。じゃねー、バイバイ』



本当に親切心のある人は『あなたの為』などと言うでしょうか?本当に親切心のある人は、そんなことを口にしないで黙ってあなたを支えているのではないでしょうか?たとえば、あなたのご両親です。


勧誘する側に立てば、まず軽くでも約束させてしまい、さらに約束を確認させていき、少しずつ段階を踏んでいくのが効果的と考えます。焼きパーティーは第一段階ですね。

相手が取りやすいボールを投げることから勧誘が始まるこの手法を、ローボールテクニックといいます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる