FF7でティファは幼少期のクラウドとはそこまで親しくなかったのにいつの間にか戦いの中やクラウドの精神世界を知ることで、寄り添ってる仲になっています。 クラウドがティファに片思いなのは

FF7でティファは幼少期のクラウドとはそこまで親しくなかったのにいつの間にか戦いの中やクラウドの精神世界を知ることで、寄り添ってる仲になっています。 クラウドがティファに片思いなのは 幼少期からですが、いつからティファはクラウドを好きになったのかの描写はありますか?

ファイナルファンタジー716閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

公式書籍からの引用です クラウドが前からティファに好意を抱いていたのに対し、ティファのほうはクラウドに関心がなく、約束を交わした時点から彼を意識しはじめる。(中略)ちなみにティファは、クラウドが自分に好意を抱いていたことに、ライフストリームで告げられるまでまったく気づいていなかった。呼び出されてふたりきりになっているのに、結構鈍感? 出典『FINAL FANTASY Ⅶ ULTIMANIA OMEGA』 スクウェア・エニックス 2005年 p25 ティファ・ロックハート行動観察記録 現実世界だとまだ中学1年生くらいの年齢だったティファが夢見る乙女みたいな事を言ったのが可愛いです! こんな事を好きな女の子から言われたら、そりゃあ命懸けで助けに来ちゃいますよね! ティファが凄いのは夢見る少女の様な事をクラウドに言ったのに、自分自身も格闘術を身に付けて強くなった事!

画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わざわざ公式の引用までありがとうございました!

お礼日時:2019/5/15 17:00

その他の回答(1件)

0

ティファがクラウドを意識するようになったのは給水塔で約束をした日からです。以来、都会へ出て行ったクラウドが活躍しているニュースが無いか新聞チェックが日課に。毎日クラウドのことを考えるようになります。 私がピンチになったら駆けつけて助けてくれる王子様!なんて発想をする乙女チックな彼女のことです。会えなかった数年間で妄想を膨らませていたことは想像に難くありませんね。 母を亡くして弱っていた時期なので心の拠り所となっていたかもしれません。