ここから本文です

なんで鶴とか鵜とかフラミンゴとかは首や足が長いんですか?。

qyz********さん

2019/5/1409:18:21

なんで鶴とか鵜とかフラミンゴとかは首や足が長いんですか?。

閲覧数:
24
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oma********さん

2019/5/1412:34:14

脚が長いのは水辺や湿地をスムーズに歩くため、首が長いのは足元の餌を楽に取ることができるように、です。首や脚が長いと、地上にいる時でも敵を見つけやすいという利点もあると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

jzo********さん

2019/5/1414:05:22

ツルやフラミンゴは泳がずに浅瀬で餌を捕食します。
このため、高い位置から見渡せると広域に見れるので餌を見つけ易くなり
ます。
また、体が水に浸かるような短い脚では歩き難くなることから歩き易い
ように脚は長いです。脚が長いと首も長くないと足元の餌を食べられない
ので自然と長くなったと考えられます。ただし、こういった大型の水鳥は
助走しないと飛び立てないハンディキャップがあります。

水面に浮いて餌を捕食するカモ類やハクチョウは脚を前後に動かして
泳ぐので脚は短く、水搔きがあります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

abc********さん

2019/5/1413:02:37

●ツルやフラミンゴは、エサを求めて湿地帯を歩くのに、足が長いと便利です。
足だけが長いと、湿地帯にクチバシを入れるのに大変です。
そこで、足の長さに合った首の長さになってつり合いが取れています。
また、足指が長く湿地帯を歩いても沈まないような仕組みになっています。
これは、ハシビロコウも同じです。

一方、ウはツルやフラミンゴと違って、水中を泳ぎながらエサを獲ります。
その際に、長い首は有利です。
動きが素早いウは、上野動物園でペリカンのエサやりの際に、横取りをしようとスキをうかがっています。
見ていると面白いので、見物の方が多くなります。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる