ここから本文です

ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)は18日(日本時間19日)、英グラ...

アバター

ID非公開さん

2019/5/1908:51:04

ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)は18日(日本時間19日)、英グラスゴーのSSEハイドロで行われ、バンタム級トーナメント準決勝はWBA同級王者・井上尚弥(26=大橋)がIBF同級王者エマヌエル・ロドリ

ゲス(26=プエルトリコ)から3度のダウンを奪い、2回1分19秒TKO勝ちで決勝に進出した。年内に予定される決勝では5階級制覇のWBAスーパー王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)と対戦する。
1回はロドリゲスのプレスに後退する場面もあった井上だが、相手の動きを見切った2回に豪打が火を吹いた。30秒過ぎに返しの左フックで最初のダウンを奪うと、49秒で右ボディーを突き刺して2度目のダウン。さらに連打から左ボディーで倒すと、レフェリーが試合を止めた。
井上はWBA王座2度目の防衛でプロデビューから18戦全勝(16KO)。2度目の防衛に失敗したロドリゲスはプロ初黒星で20戦19勝(12KO)1敗。井上はライトフライ級でWBC、スーパーフライ級でWBO、バンタム級でWBAのタイトルを獲得しており、今回のIBF王座獲得でミニマム級の高山勝成に続き日本人2人目となるプロボクシング主要4団体制覇を達成したほか、世界で最も権威ある専門誌、米リング誌認定のバンタム級ベルトも獲得。新元号「令和」の世界戦で日本人勝者1号となった。
井上は世界戦12試合目のKO勝利で、8試合連続KO勝利と合わせて自らが持つ国内歴代1位を更新。世界戦通算13勝は山中慎介(元WBC世界バンタム級王者)、長谷川穂積(元3階級制覇王者)に並ぶ国内3位タイとなった。英国での5試合を含む欧州での日本人選手の世界戦連敗も18でストップしたと言うニュースがありますが皆さんはどう思われますか?

閲覧数:
26
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dan********さん

2019/5/2214:22:13

最初のダウンの10秒前に左右左の連打があって、
3つ目の左フックが効いてたと思います。

で左フックを用心してロドリゲスは右手でしっかり顎をガード。
その後お互いに左フックを大振りの空振りで、
一瞬、井上尚弥も体勢を崩し相手対して右に身体が向いてしまいました。
それによってロドリゲスの右手ガードの内側から
右の直後のコンパクトな素早い左フックに対応できず思わずダウン。

普通の選手なら顔を狙い力み過ぎてチャンスを逃すのが相場ですが、
相手の意識が顔のガードに行ってるところへ、
ボディーへのフックを押し当てずに、
ハンマーを振り下ろすように右フックをカット気味に振り当てました。

これは想像以上に苦痛だと言われています。
これで決まったも同然ですね。
後はガードの上からフックを打っても痛くて痛くて悶絶してしまいましたね。

ノニト・ドネア選手は井上の師匠とも言えるボクサーで、
井上の相手のタイミングを外す技術はドネアからの伝授とも言われてますし、
敬意を払い過ぎてしまうと1R目からは行きづらいでしょうか。

あまり時間をかけるとドネアの分かっていても当てられてしまう、
左フックが恐怖ですね。

最初のダウンの10秒前に左右左の連打があって、
3つ目の左フックが効いてたと思います。...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる