ここから本文です

昨日のクラカテの質問回答で気になる事があったので質問!

アバター

ID非公開さん

2019/5/1910:18:52

昨日のクラカテの質問回答で気になる事があったので質問!

タンホイザー序曲の名盤の回答で。。。

「あと好きなのはトスカニーニ

ラストコンサートでは序曲の後のバッカナールで意識障害になり、演奏ストップしてしまうんですが、そこまでの序曲は見事!」

というのがあったけど、自分はトスカニーニは指揮は止めて、放送も中断したけど、演奏はストップしてないと聞いている。
でも上の回答は「演奏ストップ」と書いてある。。。

ほんとのところどうなんでしょ?

閲覧数:
80
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mar********さん

2019/5/1915:31:56

40年間、大のトスカニーニファンです。
ストップは本当ですよ!笑
「トスカニーニはタンホイザーの途中で記憶が途絶え、演奏は中断。
指揮棒を置き、引退を宣言した」
って数十年前どこかに書いてありました。

で、昔々そのレコードを買いました。
恐る恐るターンテーブルに。
やがてタンホイザー。
期待?、いや不安でイッパイ。
この後、偉大なるアルトゥール先生の演奏が止まるなんて!
最後なんて!
この光り輝くような悠揚たる音の流れが突然ストップするなんて!
ステレオなんて!笑
自分の心臓も止まってしまう!
https://m.youtube.com/watch?v=2iRNRx273Tw
ん?
これっすよね?
ん、ん?
特に…
ある意味ホッと、ある意味ガッカ…

指揮は乱れたが演奏は続行、が真実と後に判明。
こちらの方もお詳しい。
いつも真摯で誠実な方。
自分と正反対(笑)。
https://suisse.exblog.jp/9138696/
こちらはより詳細です。
https://blogs.yahoo.co.jp/little_toscans/64156714.html

で、問題はそゆ事ではない!
誰がそんなインチキを今だに…?
と思ったら案の定、
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q122079099...
アルルの女ならぬアララの男。
ヴーん…
反省しないのかね?
カウンセリングまだ??笑

「間違い」ではなく、実際には「聞いてない」。
聞きゃ、演奏のストップなんてウチのワンコでも分かります。
分からないなんて〇ンコ(笑)。
で、聞いてないものを絶賛!
オススメ!
況してや、BA!
回答者は嘘でも今さら驚かないが、質問した方が騙され可愛そうです。
アララの男は今回こそキチンと謝罪すべき。
治療すべき。

ついでなんで、も1つ。
いつもの事ながらヤツは聞いても自分の耳がないから受け売りばかり。
それも、よりによってAHOUNO!笑
信者らしい。
だから、タンホイザー→クナ。
実に短絡、単純。
自分も2枚組レコード買いました。
AHOUによれば「棚からガラガラ物が落ちて来る」らしい。
期待?と不安で頭を抱えながら聴いた。
……
ん?
でも、何も落ちて来なかった。
別の意味で頭を抱えましたね。
ヤッチマッター!笑

あ、実はAHOUも実際には聴いてなかったのかも?
漫談家のオヤジから貰った話をそのまま…
嘘つきの信者が嘘つきなのは当たり前ですよ!
皆さんお気を付けをm(_ _)m

「間違い」ではなく1度も実際には「聞いてない」!
今回はどんな頓珍漢な言い訳をしはんのやろ?笑
ま、道化としては面白いが。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q122078033...

あ!オークスの時間なんで。
ま、ある事情から何十年も12番しか買わない!

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tai********さん

2019/5/1923:43:49

余りに偉大過ぎると、奏者(指揮者)が体調不良やちょっとしたミスでも歴史的事件となってしまう…。

あのホロビッツの日本ボロボロコンサートもそうだった…。

あれは、ショックだったなー。

翌年の名誉挽回コンサートは実に見事だったが。

yag********さん

2019/5/1917:13:22

問題の演奏がアップされていますが、明らかに「おかしい」と判るのは

16分09秒 のクラリネットの入り
(早く飛び出してしまったが、正しい位置でもう一度吹き直し)

16分19秒 のヴィオラとチェロ
(本来揃って入るべきところが完全にずれてしまっている)

演奏の現場では、こういうところは必ず指揮者がサインを送り「入るのは今だよ」と合図します。プロの演奏会でこんな事故が起きるのは、指揮者にアクシデントがあったと考えるのが妥当だと思います。文献を見る限り、記憶障害によってトスカニーニが譜面を思い出せなくなり、この辺りでは指揮棒の動きが止まっていたものと思われます。

ラジオ放送を聞いていた人が、どれだけこの事故に気付いたかは不明ですが、演奏現場に於いて「指揮棒が止まる」というのは誰にでも判りますので、中継放送は中断され、レコード放送に切り換えられたようです。

その後演奏は何とか持ち直し、止まることはなく最後まで演奏されました。

残されているライブ音源の内、演奏会場での実演をリソースとするものは、(途中乱れはあるものの)止まることなく終了します。
中継放送のエア・チェックをリソースとするものは、途中で中断されてレコード放送に切り換えられている、ということだと思います。


https://m.youtube.com/watch?v=2iRNRx273Tw

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる