ここから本文です

古文の 「映じ」て という文があるんですが、この「映じ」はサ行変格活用なんです...

アバター

ID非公開さん

2019/5/1923:52:05

古文の
「映じ」て という文があるんですが、この「映じ」はサ行変格活用なんですか?ザ行上二段活用じゃなんでダメなんですか?

閲覧数:
24
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

koa********さん

2019/5/2618:36:28

口語文法の「キャッチする」はサ行下一段でしょうか。
サ変でしたね。

古典でも一緒。

外来語+すはサ変となるのです。

つまり
音読み+す
は全てサ変ということです。

例えば「訳す」。
訳は翻訳、通訳とあるように通常熟語を作ります。
熟語を作るのは音読みですから、「ヤクす」のため、サ変です。

同じように「愛す」も
純愛、愛情と熟語をつくるためサ変。

「映ず」も
映画、映像と熟語をつくるため、サ変。

例外として、「困ず」「重んず」「旅す」もサ変です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる