ここから本文です

ノコギリ波発生回路の動作原理についておしえてもらいたいです。

osh********さん

2019/5/2207:55:56

ノコギリ波発生回路の動作原理についておしえてもらいたいです。

閲覧数:
34
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lon********さん

2019/5/2212:03:58

■"Sawtooth Circuit analog & Digital"で画像検査し
説明が欲しい画像をクリックするとサイトに辿り着く。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dai********さん

2019/5/2209:15:15

のこぎり波形は直線的に立ち上がり、急峻に立ち下がる波形です。

コンデンサーに定電流で充電すると直線的に立ち上がることができます。

またオペアンプによる一定電圧入力を積分する回路でも直線的に立ち上がることができます。

急峻に下がるのはコンデンサーの低抵抗での放電でできます。

コンデンサーの電圧はFETやオペアンプの高入力抵抗回路で受けます。

FETなどで放電することができます。

のこぎり波形のピークを検出して立ち下げる動作に入ること、ゼロに近い電圧を検出して再び立ち上げることを始める必要があります。

この動作にコンパレータ回路が用いられます。

少ない部品で作るのにはオペアンプ回路による鋸歯状波発生回路をおすすめします。

オペアンプの回路から検索すると見出せます。

mam********さん

2019/5/2208:57:12

色々な回路があります
ユニジャンクショントランジスターを使ってコンデンサーに充電電流を流しフル充電前にツェナーダイオードで一気に放電させる
ブロッキング発信器を使う
フリップフロップを使う
など

pet********さん

2019/5/2208:35:53

たとえばクロック・カウンタ・ダックのコンボ

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる