ここから本文です

相続について 7年前父親死亡 色々負債があったので相続放棄をしました。 ...

xay********さん

2019/5/2220:14:33

相続について

7年前父親死亡

色々負債があったので相続放棄をしました。

しかし、今になって固定資産税の請求が来たため、相続放棄済みである旨連絡したところ、相続放棄の証明書を送ってほしいとのことだったので、

付しました。

その後しばらくして、その土地が父と母の共同名義であると連絡が来ました。
母親は19年前に他界しており、当時高校生だった私は相続などの事は全く知りませんでした。

その土地が共同名義だったことも初耳です。

現在土地と家はどうような経緯か分からないのですが、全く知らない人住んでるようです。

役所の人によると母親の相続放棄の証明書を出してほしいとの事でしたが、相続放棄をしているのかどうかも分からないと伝えると、今から相続放棄の手続きをして欲しいと言われました。

こんなに時間が経っても相続放棄は出来るものなのでしょうか?
できなかった場合、母親の分の固定資産税は遡って支払う義務が出てくるんですよね?

無知で申し訳ありませんが、教えてください。

閲覧数:
90
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2019/5/2315:23:25

>こんなに時間が経っても相続放棄は出来るものなのでしょうか?

できますよ。
お母さんの名義だったと知った時から3ヶ月(ぐらい)以内であれば。

>できなかった場合、母親の分の固定資産税は遡って支払う義務が出てくるんですよね?

いままで連絡がなかったということは、誰かが払っていたんだと思います。その人が亡くなって払わなくなったから連絡が来たんだと思いますよ。
さかのぼってもせいぜい1~2年分だと思います(登記名義人の相続人を探すのにそれくらい時間がかかったとして)。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

kit********さん

2019/5/2317:33:30

固定資産税の時効は5年です。最悪の場合5年分の固定資産税を払うことになる可能性が有ります。

さて、未成年の場合、単独で法律行為は出来ないですね。家庭裁判所への相続放棄の申述も単独では出来ないです。

また、ご自身のために相続が開始したことを知ってから、3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申述をすれば良いので、それからでも相続放棄が可能な場合もあります。

本件で。お母様が死亡したことを知ってから3ヶ月以上経過していたら、相続放棄の申述が出来ない可能性があります。その場合でも5年分以上は請求されません。

あと、その知らない人に対して、地代を請求できる可能性が高いと思います(お母様とその知らない人との間で、使用貸借契約が有ったら話は別ですが)。

miz********さん

2019/5/2311:08:03

名義と所有権は別次元の別物です。

死んだ人の名義が残ってるかもしれませんが、しかし、死んだ人は所有できません。

現在の所有者の調査が必要です。高いですが、司法書士に依頼できます。


従って、相続放棄に意味があるかどうかもわかりません。

hyu********さん

2019/5/2310:44:47

相続人において相続開始の原因となる事実及びこれにより自己が法律上相続人となつた事実を知つた時から三か月以内に限定承認又は相続放棄をしなかつたのが、相続財産が全く存在しないと信じたためであり、かつ、このように信ずるについて相当な理由がある場合には、民法九一五条一項所定の期間は、相続人が相続財産の全部若しくは一部の存在を認識した時又は通常これを認識しうべかりし時から起算するのが相当である。(最高裁判所昭和59年4月27日)http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=52168

家庭裁判所に当時は未成年で親からも教えてもらえなかった、として手続きをしてください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる