ここから本文です

接木ゴーヤなのですが、親づる、5〜6節で摘心とネットなどで書いてあったあったの...

vsc********さん

2019/5/2312:26:46

接木ゴーヤなのですが、親づる、5〜6節で摘心とネットなどで書いてあったあったのですが、私が買ったゴーヤは、11節まで延びていて、定植しました。

11節まで延びていても5〜6節で摘心したほうがいいのでしょうか?
それとも、11節で摘心でよろしいのでしょうか?よろしくご教示お願いいたします。

閲覧数:
49
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ora********さん

2019/5/2312:41:50

11節で摘心しても、5節で摘心しても、摘心しなくてもゴーヤは繁って実ります。(ました)

どれが一番収量が上がるかと聞かれると困ります。比較したことがないし、知識ないです(^_^;)

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mtc********さん

2019/5/2313:52:39

他の回答にもありますように、ゴーヤーはいかようにでもできます。

というより、11節まで伸びているゴーヤーの苗を購入したということなら、老化した苗なのでしょう。
いづれにしても、あまりいい苗ではないような気がします。

プロフィール画像

カテゴリマスター

mas********さん

2019/5/2313:37:27

蔓物野菜の多くは親蔓の摘芯をして子蔓や孫蔓に実を成らせる物が
多いのですがそれは何故親蔓を摘芯するかと言いますと親蔓は草体を
維持する為の光合成産物の転流消費が盛んで有り有る一定の大きさに
成長し出て来た脇芽(子蔓)は養分転流もバランスが良く実が着いた
時の生育が安定して居るからです。
ですから苗が小さい時は脇芽を取って草体の生育促進と安定を図る
事に傾注させる事ですので必ずしも5節で摘芯する必要は有りません。
夏野菜の多くは短日性の物が多く短日性と言う事は夏至を境に生育が
盛んに成り開花結実をする事ですから主茎が生育して養分バランスが
良く成る事で実が多く付き易い脇芽を伸ばす事に成るのです。
親蔓のみでは花付きや実の出来る機会が少ないと言う事です。
草体全体の肥料のバランスが取れて居れば親蔓の摘芯は必要有りません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる