ここから本文です

質問1 不動産競売における売却について誤っているものはどれですか? ①売却は必ず...

アバター

ID非公開さん

2019/6/108:00:04

質問1
不動産競売における売却について誤っているものはどれですか?

①売却は必ず期間入札の方法により行う。
②買受の申出をする者は、原則として売却基準価額の10分の2の保証を提供しなければならない。
③2番目に

高い価格の申出をした者が買受人とることがありうる。


質問2
不動産競売における買受人について誤っているものはどれですか?

①買受人が不動産の所有権を取得するのは売却許可決定がだされたときである。
②買受人は自ら所有権移転登記を備えなければならない。
③買受人は、不動産の占有者に対して明渡しのための債務名義を取得しなければ、明渡執行をすることができない。

閲覧数:
33
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mig********さん

2019/6/317:06:39

他の回答者の方もおっしゃってますが、まずは自分で調べた方がいいかと思いますよ。

調べてもどうしても分からなかったところだけ質問すべきです。質問の内容でその人の頭の良さが分かるものです。

そんな趣旨もあって、解説は軽めに書いておきます。分からない用語があれば自分で調べてください。

あなたが大学の学部生か何かでいやいややっている勉強ならまだしも、この質問が資格取得のためのものなら、そもそもその資格を目指すべきではないでしょう。


質問1
不動産競売における売却について誤っているものはどれですか?

①売却は必ず期間入札の方法により行う。
→×特別売却の場合あり

②買受の申出をする者は、原則として売却基準価額の10分の2の保証を提供しなければならない。
→◯

③2番目に高い価格の申出をした者が買受人とることがありうる。
→◯次順位買受申出の場合あり


質問2
不動産競売における買受人について誤っているものはどれですか?

①買受人が不動産の所有権を取得するのは売却許可決定がだされたときである。
→×保証金以外の代金納付時

②買受人は自ら所有権移転登記を備えなければならない。
→×代金納付後に裁判所が登記所に嘱託

③買受人は、不動産の占有者に対して明渡しのための債務名義を取得しなければ、明渡執行をすることができない。
→◯引渡命令のことかと思います

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

プロフィール画像

カテゴリマスター

tet********さん

2019/6/222:17:42

これなんのテストですか?
テキスト熟読をお勧めします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる