ここから本文です

トタン屋根施工手順で「軒先唐草」と「ルーフィング」の施工の順番についてお伺い...

アバター

ID非公開さん

2019/6/216:00:04

トタン屋根施工手順で「軒先唐草」と「ルーフィング」の施工の順番についてお伺い致します。
雨はトタンとルーフィングで止めるわけで、軒先の施工は、多くの方がルーフィング後その上に唐草を施工します。

雨漏り防止を考えれば、むしろトタン+ルーフィングの下、つまり屋根板の上に最初軒先唐草を施工する(唐草→ルーフィング→トタンの順)方が、雨漏り防止で考えればベストではないでしょうか ?。
アドバイス宜しくお願いいたします。

閲覧数:
35
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

py9********さん

2019/6/221:21:23

屋根板の形状にもよりますけどね、

1、唐草が屋根材と組み合わせるような場合、
(ルーフィング→唐草→屋根材の順)

2、唐草と屋根材がまったく別な場合、
(唐草→ルーフィング→屋根材の順)

1の場合に順番を変えると、かえって錆を呼ぶ場合が多く、
最悪、軒先から錆び、屋根材がめくれ上がってしまう場合もあります、

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/6/311:17:53

    なかなか素人には難しい部分ですね。有難うございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2019/6/3 11:20:46

回答ありがとうございます!
勉強になりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる