ここから本文です

文学も文学的真理を探究する哲学ではないですか

mat********さん

2019/5/2818:08:03

文学も文学的真理を探究する哲学ではないですか

閲覧数:
33
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mur********さん

2019/6/120:29:47

そういう文学もたくさんあります。

というのは、ノンフィクションもいろいろ制約や限界が多いからです。

実名では書けない、ということもたくさんあります。

また事実の記録であっても、失われていたり、残っていても断片的であったりする場合も多いのです。

科学、といえば、統計学や確率論が基本ですが、統計に出ないことや、確率ではわからないこともあります。

そもそも記録は完全ではない、失われた記録・情報も多々あり、断片的な記録・情報も多く、ゆえにや統計や確率を根拠とする科学も必然的に不完全なのです。

観測地点のないところで降った雨は記録されず、統計にも残りません。

中国や北朝鮮のように報道統制されている国もあり、また日本でもジャニーズの不祥事のようなのは自主規制で報道されない場合もあります。

しかし断片的な報道や情報であっても、多くのことを暗示しています。

しかしただの暗示だけでは事実としては書けません。

そういったことを考えるには、もはや架空、虚構、想像の文学による他ないのです。

あるいは、未来将来のことは、科学であっても事実現実としては書けず、科学的な予想予測であっても、それは文学と同じ、一種の文学なのです。

考古学なども、その多くを想像で補う他ありません。

縄文土器や土偶の使い方などがそうです。

そう言うことをより詳しく想像すればするほど、それは文学に近くなるのです。

未来予想といえば、これはもう空想科学小説、SF小説です。

過去の想像であれば、これは歴史小説です。

空想科学小説も、歴史小説も、想像が根拠ですが、それは考古学でも、天気予報でも同じなのです。

南海トラフのような地震の予測でも同じです。より詳しく想像すればするほど、それは小説に近づくのです。

シュミレーション、ロールプレイというのも、一種の文学の派生、応用といえるでしょう。

会社でやる計画のプレゼンもそうです。

ロールプレイというのは演劇であり、文学なのです。

防災訓練、防犯訓練、軍事演習などもロールプレイです。演劇や演技というのは単なる娯楽だけではありません。

質問した人からのコメント

2019/6/2 07:38:52

なるほど!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nak********さん

2019/5/2919:14:18

文学に関わらずすべての学問には哲学的側面があります。
昔は文学、哲学、物理学・・・という風な区分けでしたが、現在の学問が重層化、細分化されていることからも分かります。

たとえば、物理学の中にも物理哲学という分野がありますし、同じく科学哲学、化学哲学などという分野があります。

twv********さん

2019/5/2918:41:01

違います。

blu********さん

編集あり2019/5/2917:36:19

文学的真理とやらも哲学も

人によって違うやん?答えや切り口は。

結局はそういう事だわ。

答えがないから先延ばししたい人間にはピッタリっていう。

最近哲学者になりたい奴が多いのはそういうもんだからだろう?
哲学者ではなく、先延ばし主義者なんだよな。

war********さん

2019/5/2818:40:06

その通りです。文学の第一の仕事は、文学とは何か、と問うことで、それは哲学です。

twe********さん

2019/5/2818:12:20

うんにゃ(・o・)

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる