ここから本文です

障害福祉について。 施設入所と就労継続B型の併給は制度上可能ですが、施設とし...

アバター

ID非公開さん

2019/5/3012:47:25

障害福祉について。
施設入所と就労継続B型の併給は制度上可能ですが、施設としては入所は今後、生活介護のみとする。入所とBの組み合わせは出来ない、との施設があります。

施設としてはこうなんだ、と制度上出来るのに、出来なくさせるというのは、施設がそう言ってしまえば、そうなってしまうのでしょうか?障害者支援施設って制度に伴って実施するのではないのでしょうか?


施設としては理由として利用者の高齢化とのことですが、現在、入所+Bの方は高齢ではなく、入所+生活介護の方が高齢の方が多いです。職員には少し前まで、制度上本来不可能で経過措置で入所+Bを認めていた。Bの能力があり本人の希望もあったのに生活介護の方もいるのですが、もうその方はBにはしてあげたくても出来ない、とのことでした。しかし、制度上は可能なんだと他の職員が気づくと、この施設としては、そのような方針なんだと言い換えました。サービス管理責任者も制度上なのかと思っていた、制度が良いなら、Bで良いのでは?と伝えたそうですが変えられなかったようです。社会福祉法人ですが福祉とか支援とかではなく、施設の都合で何かあるのかとつい疑ってしまいます。
他の近隣の施設は、GHや短期入所を始めたり制度や利用者の変化に対応するように、施設も変化していっているのに、不思議でなりません。どうにも出来ない事にたいしての愚痴になってしまいましたが、上段の質問に対して回答分かる方お願いいたします。

閲覧数:
29
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nas********さん

2019/5/3020:51:43

利用者の年齢や支援区分等の状況により、
適切なサービスを選択しますので
個人がB型のサービスが適切かと思われても
施設の設備や人員等の関係で
生活介護だけのサービスに集約する事はよくあります。

郊外の施設では、
B型を運営しても、近隣に請負させてくれる企業がないとか
農作業で野菜を販売しても
作業工賃は5千円以下とかでは
報酬も少ないし、
施設としての運営に支障があるとかで
B型が足かせになる場合もあります。

ご存知の様に利用者が
重度高齢化になり
利用者の変化に対応となると
療養食や経管栄養や導尿等の
医療処置が必要になる利用者も増えるので、
日中活動は生活介護だけの
入所施設は多々ありますね。

アバター

質問した人からのコメント

2019/5/31 10:27:33

所長は「他の施設も仕事してないからさ」としか言わず、してるよ!と思ったのですが、他の施設とは、郊外の介護中心の施設の事を言っていたのかもしれません。ここの施設はもともと仕事が出来る事で知られていた市内の施設で、本格的な介護は準備が出来ておらず、仕事は多くを撤廃させてしまい、この施設としてはどうなのか考えてなかったのだと分かりました。ありがとうございました。勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

wxc********さん

2019/5/3019:06:51

実際まあ何歳でもB行く人は0ではない・・・
が、その辺は事業所の流儀次第としか
なんであんな何もできないよぼよぼなじじいが座ってるだけで
俺と大差ない金がもらえるねん、的な意見が他の利用者から
出るような所だと面倒だからね

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる