ここから本文です
12

ベストアンサー以外の回答

6〜11件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mra********さん

2019/6/221:50:10

ドイツ出身の声楽家、ハインリッヒ・パノフカが、こういう言葉を残しているそうです。

「ゲーテとシューベルト!おゝ、幸せな絆、ドイツの不滅の名声のために。」

つまり、このふたりの絆によってドイツ・リートは確立し、
ゲーテの詩は、シューベルトの歌曲を通じて、ドイツ語を話さない国々にまで広まり、
ドイツの名声を不滅のものとしたことは間違いないでしょう。

日本の中学生が、ゲーテから連想するのは,恐らく「魔王」であり、
それもシューベルトの「魔王」を通じてではないでしょうか。

先日、高いお金を出して手に入れた「アーノンクール&ベルリン・フィル/シューベルト・ボックス」に、
オペラが1曲収録されておりました。

歌劇「アルフォンソとエストレッラ」(全3幕、139分)という曲です。

シューベルトが生きているうちに上演されることはなかった作品です。

この曲をスイトナー指揮シュターツカペレ・ベルリン(歌手はシューベルトのスペシャリストが勢ぞろい)で最初に聴いたときは、
シューベルトのオペラなんて!と思って聴き始めたのですが、
これがまたとにかく楽しい!!

考えてみれば、(序曲以降は)シューベルトの歌曲、合唱曲をオーケストラの伴奏付きで2時間以上も聴ける超大作です。

そりゃあ楽しいに決まってます。

是非、一度聴いてみて下さい。

シューベルト/歌劇「アルフォンソとエストレッラ」D.732(全3幕)
ヘルマン・プライ(バス、バリトン)、エディット・マティス(ソプラノ)
テオ・アダム(バス)、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)
ペーター・シュライアー(テノール)、ほか
オトマール・スイトナー指揮シュターツカペレ・ベルリン、ベルリン放送合唱団
(1978年録音)
https://youtu.be/149DrCPd0_o

プロフィール画像

カテゴリマスター

JUKOさん

2019/6/221:04:26

「冬の旅」も「美しき水車小屋の娘」もアヴェ・マリアもセレナーデもなくなる。
交響曲「未完成」「グレート」「第5番」もなくなる。
「ロザムンデの音楽」もなくなる。
弦楽四重奏「死と乙女」「ロザムンデ」もなくなる。
2つのピアノ三重奏もなくなる。
ピアノの「即興曲」も、21番などのソナタも。
とても寂しいです。


シューベルトがいなくても、ロマン派音楽はちゃんと発展したのでしょうか?少なくとも、順調に歴史どおりにはいかないでしょう。
シューベルトがいなくても、シューマン、ショパン、メンデルスゾーン、ブラームス達は現れてちゃんと業績を残したのでしょうか?さらにはワーグナー、ブルックナー、マーラーは?

やまさんさん

2019/6/220:46:17

シューベルトのピアノ・ソナタは結構好きなので寂しいですね

音楽界にはそれほどの影響は無かったと思いますが。。。

シューベルトのピアノ・ソナタは結構好きなので寂しいですね

音楽界にはそれほどの影響は無かったと思いますが。。。

hac********さん

2019/6/212:07:32

寂しいと言う感情は喪失感から生まれるのだから、最初からシューベルトもその曲も知らない状態で寂しさが生まれる筈がない。他の回答者が答えている理由も、そもそもその曲や演奏が存在しなければ理由として挙げることは不可能。

2019/6/211:30:12

シューベルトのクラシック音楽への
影響とか置いておいて、私は苦手なので
寂しくはないです(;^ω^)

che********さん

2019/6/208:27:42

これが聴けないので、とっても、寂しい。

(ヴンダーリッヒのも良いのですが。)

https://www.youtube.com/watch?v=q2AFgpk3YQo

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる