ここから本文です

子供が処方箋のお薬でアスベリン散10%をもらったのですが、1日量0.3gで朝夕...

butakuma23さん

2008/11/2221:37:30

子供が処方箋のお薬でアスベリン散10%をもらったのですが、1日量0.3gで朝夕食後の1日2回とありました。
0歳11ヶ月で体重7kgです。処方量は合っているのでしょうか?

補足咳はほとんどありません。いっしょに鼻づまりでムコダインDSを1日量0.4gで朝夕食後の1日2回でもらいました。アスベリン散は10%ということは1回量0.15gは成分として15mgに換算されるのですよね。大人の私でアスベリン錠20mgを1回1錠1日3回でもらっていますので、気になってしまいました。

閲覧数:
24,904
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

keitanooyubiさん

2008/11/2300:28:30

合ってますよ。
アスベリンの大人の1日用量は60~120mgです。
小児用量(1日量)は新生児で15mg、6ヶ月で20mg、1歳で30mgという記載になっていて体重換算ではなく、年齢で投与量を決めています。
11ヶ月ですので、ほぼ1歳として1日30mgとなります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bmw650ismgさん

2008/11/2305:03:50

アスベリン散の処方量ですが、一般に公開されている添付文書というものでは、通常成人には、チペピジンヒベンズ酸塩として1日66.5~132.9mg(チペピジンクエン酸塩60~120mg相当量)を3回に分割経口投与する。小児には、チペピジンヒベンズ酸塩として1日1歳未満5.54~22.1mg(同5~20mg相当量)、1歳以上3歳未満11.1~27.7mg(同10~25mg相当量)、3歳以上6歳未満16.6~44.3mg(同15~40mg相当量)を3回に分割経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減する。となっております。上記の成分量表記はわかりにくいですがカッコ内の数字がいわゆる力価という成分表記量です。1歳児として1日10~25mg相当量はアスベリン散として0.1~0.25g で、これを3回分割投与となります。単純に3で割れば1回服用量になるのですが、そうすると1回服用量は0.33~0.83gとなってしまいますが、年齢・症状により適宜増減するの記載があるのも事実です。

mount4040さん

2008/11/2304:41:32

やや多いと思います。
実際に薬の付帯文書(製薬会社さんが薬につける説明・注意書き)にはアスベリン散10%の場合、1歳未満は0.05g~0.2g(5~20mg)となっています。
副作用としては食欲不振、嘔吐となっていましたが発生頻度は低いようです。
質問者さんの1日量は大人の投与量(60mg~120mg)の下限の量ですので、それで多く感じられたのかと思います。

長期間内服するわけではないと思うのでおそらく問題はないと思いますが、もし心配であれば症状がなければ中止するか1回分を2回に分けて内服されてはどうでしょうか?

お大事になさってください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。