ここから本文です

数的処理の問題です。 あるデータ入力を6人で行うと、7人で行う場合に比べて1人...

den********さん

2019/6/423:43:37

数的処理の問題です。

あるデータ入力を6人で行うと、7人で行う場合に比べて1人あたりの入力件数が150件増える。この時、入力するデータの件数は全部で何件か。

お手数ですが、教えていただけると幸いです。

閲覧数:
54
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/6/506:03:41

入力するデータ件数を X とすると、

6人で行う場合の1人あたりの入力件数は、X/6
7人で行う場合に比べて1人あたりの入力件数は、X/7

となりますから、

X/6 = X/7 + 150

が成り立ちます。
これを解くと、

X(1/6-1/7) = 150
X /42 = 150
X = 6300

よって、求めるデータ件数は、6300 です。

検算すると、6人で行う場合の1人あたりの入力件数は、1050
7人で行う場合に比べて1人あたりの入力件数は、900
なので、
1050-900= 150
になっています。

質問した人からのコメント

2019/6/6 00:03:24

分かりやすい回答ありがとうございます!!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kan********さん

2019/6/522:42:19

方程式で解けるようにするのは必須として、この問題で方程式を使わない考え方を紹介します。

7人でやろうとしていたデータ入力が、1人休んだためにその人がやるはずだったデータを残りの6人で分担したと考えます。
6人で分担した結果、1人150件入力件数が増えたのです。
ということは、休んだ人がやるはずだったデータの入力件数は150x6=900件だったということです。
言い換えると、900件やるはずだった人が休んだために残りの6人で1人当たり900/6=150件入力が増えたということです。

さて、休んだ人がやるはずだったデータの入力件数は900件だったわけですが、これはもともと7人でやろうとしていたときの1人当たりの入力件数に等しいです。

すると、データ件数全部だと、900x7=6300件だけデータは合ったということです。

これが答えです。

6300件のデータ入力を7人で割って1人900件入力するはずだったのですが、1人休んだために休んだ人の分900件を残り6人で追加入力しなければいけなくなり、ひとりあたり150件データ入力が増えました。その結果残った6人は、それぞれ900+150=1050件入力しなければならなくなりました。
データ件数総数は、1050x6=6300件とも計算できます。

har********さん

2019/6/500:41:22

データの件数は全部で1050件です。


問題文の何かが抜けていませんか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる