ここから本文です

サンフランシスコ「平和」条約と、サンフランシスコ「講和」条約とは同じと言うの...

eng********さん

2019/6/701:06:44

サンフランシスコ「平和」条約と、サンフランシスコ「講和」条約とは同じと言うのは分かりますが、なぜ2種類言い方が有るのでしょうか?この2種類の使い分けは、教科書出版社や新聞各紙によって違うのでしょうか?

また、正式にはどちらでしょうか?

閲覧数:
38
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fai********さん

2019/6/709:40:58

正式には、条約第五号「日本国との平和条約」です。

サンフランシスコ市で署名されたことから「サンフランシスコ平和条約」ともいい、平和条約の締結前に「講和会議」が開催されたので「サンフランシスコ講和条約」ともいうようです。

質問した人からのコメント

2019/6/8 21:04:30

なるほど!
勉強になりました。
回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ail********さん

2019/6/710:23:40

国の記載が一応正式な言い方とされます。
既に回答されていますが「条約第五号「日本国との平和条約」」です。わかれば良いです。
余談ですが
個人の名前も正式には文字のみで、読みは関係ありません。パスポート取って初めて読みが公に確定します。
戸籍・住民票・免許証には読みはりません。
徳川慶喜もよしのぶ・けいきではなく「よしまさ」だと本人が言っています。
川端康成もやすなり・こうせいと本人も両方使っていますがパスポートやノーベル賞ではYASUNARIです。
読みだけで無く、要は分かり易く、出来るだけ正確な表現を使います。

kau********さん

2019/6/704:50:11

PEACEの訳語として与えられたのが「平和」だから正式には「平和条約」ですが、「平和」って言葉自体が明治時代にできた言葉だから、当時の人には「講和」っていうほうがしっくりしたんじゃないですかね?

aqb********さん

2019/6/701:22:31

正式には平和条約です。
この2つ以外にも言い方はありますがこういうものは戦後ちゃんとした情報があまり得られなかった時代に人から人へ口で伝えているうちに変化していったのだと思います。
まあよくあることだね。

hoc********さん

2019/6/701:17:17

正式には「日本国との平和条約」です。

これだけだとわかりにくい面もあるので、条約を結んだ地名や内容などを付けているのでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる