ここから本文です

建築工事の取り止めについて教えてください。

アバター

ID非公開さん

2019/6/1017:48:13

建築工事の取り止めについて教えてください。

私は建築主の立場です。

先日、下記のご相談をした後にログインできなくなり、ご回答いただいた皆様には大変な失礼をいたしました。

皆さまからのご回答を拝読し、やはり工事取り止め(先の質問では取り下げと書きましたが、着工しているので取り止めです)で動こうと思っております。

そこで伺いたいのが、
この案件は業者から「契約自体を白紙に戻したい」と言ってきている案件であり、こちらが応じる場合、すでに着工後でも通常取る手続きは「工事取り止め」という理解でよろしいでしょうか。

業者は、「工事を取り止めて基礎分を壊し立て直すとなると、その分あなた方に請求することになるから、あなた方のことを思って今回は変更届を提案してやっているんだ」という恩着せがましいことを言ってきています。

でも、
1.そもそも「白紙に戻す」という手続きとしては、建築主変更ではなく工事取り止めなのではないか。
2.こちらの了承なく申請書類を出し着工したことに問題があるので請求されても私たちの支払い義務はないのではないか
3.そこを、お金がかかると脅すことで業者側に都合のいい選択肢を私たちがするように仕向けられているのではないか

そのように思えてきました。
もし1.-3.なのであれば、私たちは屈することなく工事取り止めの手続きを取りたいと考えております。

上記含めて、すでに着工後の契約に関し業者側からの提案で「白紙に戻す」ことの解釈(着手金手付金返還の可否、その他の請求の可否、着工分の負担、行政手続き)をご教示いただきたく、よろしくお願いいたします。


---------
大手ビルダーと建築条件付で土地と建物の契約をしましたが、打ち合わせ途中で建築確認申請を無断で行い(サインは偽造、印鑑は三文判を買ってきて押印)、断りなく着工されました。
工事中止を申し入れ、弁護士を入れて白紙解約(手付金着手金は返還)に向けて動いています。

こちらは確認申請の取り下げをしたいのですが、先方は建築主を私から会社名義に変更する変更手続きのみにして、建売で販売したいとのこと。
契約書をたてに、応じない場合には出来上がった基礎分を実費請求すると脅されました。

私が懸念しているのは、変更届のみだと一般に閲覧できる建築計画概要書に私の名前と現住所が掲載されたままであり、且つ新たな買い手には建築確認申請書類がわたることです。
先方は自らの手続き上の非を認めており、先方の弁護士からは我々の名誉を傷つけることは他言しないと一筆書かせると言われています。
しかし現にこれまで様々な不動産業者から「前の買い手のローンが通らなくて」という理由で一度売れた物件の営業が入ることが、何度もありました。

売主は飯田傘下の有名なビルダーですが、これまでのやり取りから社内コンプライアンス意識は極めて低く、偽造改ざん、嘘は当たり前であり、売るために自らを悪く言うはずもありません。

物件があり私たちか住んでいるところは小さな下町であり、新しい買い手と知り合いになる可能性も大いにある町です。

1.こちらの実費請求に応じることを条件に変更届に応じる(他県からの転居費用、仮住まい家賃です。すでに請求していますが、応じる姿勢はありません)

2.取り下げを要求し、基礎分を実費請求されたら訴訟を起こす。

いまのところ、私たちが考えつくのはこの二択ですが、ほかに選択肢はありますか?

閲覧数:
77
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

the********さん

2019/6/1018:42:00

大事件ですね。
いろいろと考えてしまっているようなので整理しましょう。

先ずは、相手が出した建築確認申請が公文書偽造の可能性があるのはご承知ですか?あなたの意思で申請したものではなく、あなたの名前を使って勝手になされたのなら立派な犯罪です。犯罪による申請は、弁護士を通じて通報すれば即時に取り消されます。
建築条件付で契約をしたのならば、その契約自体は有効ですが、かといって相手の言いなりの家にする必要はありません。想像でしかないですが、この部分でトラブルとなったのかと思います。
基本的に、相手が勝手にしたことはあなたに何の落ち度もありませんので、その費用を支払う必要はありません。ただし、それを確定するには今までの経緯などを詳しく聞かないと判断できません。

既に弁護士が入っているのでしたら、そこで相談するのがよいです。
もし、担当なさっている弁護士が建築や不動産に詳しくなく、ハッキリしない場合は私のような不動産と建築の両方が出来るコンサルタントに相談してください。弁護士と協力して解決をはかります。

なお、相手の都合での契約解除ですから違約金や損害賠償をあなた相手の会社に対して請求できます。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/6/1113:30:33

    ありがとうございます。
    弁護士を立てているのですがどちらに通報すればよろしいでしょうか。

    実は建築の専門家にも相談しているのですが、依頼した弁護士がそちらと連携をはからずにすすめており、相手の理不尽で乱暴な言い分を飲む方向でまとめられようとしており、そこでこちらでご相談させていただきました。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tak********さん

2019/6/1122:37:45

確認申請と実際行われた工事を分けて考えた方がいいと思います。

建築主と確認申請代理者(設計事務所や施工業者)の関係が良好だと
建築主が押印するのに、書類のやりとり上時間がかかるなど
諸事情で、建築主同意の上押印を代理者が行い
確認申請書を提出することは日常茶飯事です。

ただ、その段階で質問者さんが確認申請提出を
委任する事を拒否しているにも関わらず
ビルダーが勝手に確認申請を行ったなら
まず、そこで訴訟物でしょう。
っていうか、ビルダーは設計事務所登録も当然しているはずなので
業務停止になるレベルかと。

そして、最も重要な点は
確認申請うんぬんではなく
着工した点です。

通常、建築主とビルダーが契約書を交わさずに
着工するはずがありません。
工事請負契約書を交わさずに勝手にビルダーが着工したのなら
質問者さんに一点の落ち度もなく、訴訟起こしても勝てるでしょう。

ただ、工事請負契約を済ませてから着工し
工事途中で頓挫したとなると話は別になるか思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる