ここから本文です

C値やUA値、どちらが特に大事ですか? どちらも良いに越したことがなく、バランス...

kok********さん

2019/6/1023:39:30

C値やUA値、どちらが特に大事ですか?
どちらも良いに越したことがなく、バランスだと思いますが、
高断熱高気密という2件の会社で、こんな感じでした。

1件目、C値、0.59 UA値、0.28

2件目、C値0.3、UA値0.55

それぞれ、C値とUA値が逆のように数値が違います。

これだけ見ると、どちらが光熱費がかかりにくく、より良い家なんでしょうか?

補足3件目は、c値0.45、ua値0.43でした。

閲覧数:
70
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

iid********さん

2019/6/1108:13:33

C値、UA値も技術カタログに掲載された、数値です。

工業化住宅認定を受けている住宅のクローズド工法の届け出数値は測定方法、気密方法も国の定める一定の水準に従い測定されて居ますが、在来軸組、壁組み工法などのオープン工法の建築では何処の誰でも建てられるオープン工法なので、自社データでしか有りません。

目地を塞げば気密性は高いデータを出す事が出来ますので、測定値の信ぴょう性に欠けます。

カタログでは無く実際の建物がどうで有るかで決まります。

また断熱材も石油化学製品は加水分解など劣化が進みますので、天然素材の断熱に比べて断熱、気密性能も低下していきます。

新築時の測定数値と10年後の測定数値は著しく低下するメーカーと殆ど変わらないメーカーが存在する事も見抜かないと後悔する事になります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

rri********さん

2019/6/1107:57:42

2013年10月に施行された改正省エネルギー基準によって、住宅の断熱性能はUA値評価に変わったので、UA値を優先して1件目が良いです。
また、C値には国の基準がなく、完成後に測定しないと分からない現状です。

asu********さん

2019/6/1107:49:10

C値は工事後の実地計測値です。
それも過去建てた物件で出たベスト値です。
(これから建てる貴殿の家に保証された値では無いという意味で)

さて、それぞれの工務店さんで実際に施工された方々のお宅訪問はされましたか?
そこで生声を聞かせてもらうのも良いのかと。

cal********さん

2019/6/1107:36:22

カタログスペックなので、気にしてもあまり意味がないです。
窓の数や生活習慣で容易に変わります

気にすべきは「なぜこの数字になったか」でしょう。
1件目は(2件目と比べて)UA値を優先しています。
これは意識してやったことなのか、何の工夫によるものなのか、利点は何なのかの説明を受けましょう。
数字そのものより、その説明やポリシーが、あなたにマッチしているかが重要です

プロフィール画像

カテゴリマスター

kam********さん

2019/6/1105:53:45

①「C値(相当隙間面積)」=0.5程度であれば、「Ua値(外皮平均熱還流率)」の方が優先します。

②但し「Ua値」には24時間換気の「熱損失分」が勘定されていないので、これだけでは「冷暖房のエネルギーの必要量」が分かりませんから、本当に「省エネなのか?」は分かりませんよ。
http://www.konasapporo.co.jp/Heating/HeatLoss/HeatLoss.htm

③ちなみに「高気密」には大したお金は掛かりませんが(幾分手間は掛かります)、一方の「高断熱」には数値を上げる為に性能に比例してお金が掛かりますから、あなたが選んだそれぞれの家の値段はかなり違うと思いますので、その点は大丈夫なのでしょうか?


「補足・返信」があれば「追記」が可能です。

kit********さん

2019/6/1101:22:17

冬季の暖房時の熱損失の観点から見た場合、C値が1以下なら、細かい数字に拘らずともどんぐりの背比べです。

同じ観点から見た場合、Ua値はモロに熱損失に影響して来ます。

よって1、3、2の順で高性能です。

でも例えば1、2、3地域のHeat20のG2レベルのUa値(0.28)を求める事が、温暖な地域の場合に賢明か? と言う観点だってあるわけです。
この辺はどの様に夏の日射熱取得を減らす様な計画になっているかがカギを握りますので、Ua値だけではきまりません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる