ここから本文です

アウシュヴィッツ強制収容所 の名前や世界遺産だってことは知ってるんですけど、ど...

ngz********さん

2019/6/1816:00:03

アウシュヴィッツ強制収容所 の名前や世界遺産だってことは知ってるんですけど、どうして殺されたとか何があった とか勉強不足で なにもわかりません。

恐ろしいことは分かっています。どなたかわかりやすく説明お願いします。(長くても大丈夫です)

閲覧数:
41
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

m25********さん

2019/6/1817:09:35

第二次世界大戦の際、(日本でアメリカと太平洋戦争やってた頃です)ドイツは、当時ヒトラーという指導者中心に、ナチスという政党が独裁政治を行っていました。当時のドイツは第一次世界大戦で負けたせいで莫大な賠償金を抱えており、国中が混乱状態でした。その混乱の中で、ナチスが攻撃したのがユダヤ人です。
ユダヤ人とは、ユダヤ教を信仰する人々のことで、国をもたず、昔からヨーロッパを中心に世界中にいたのですが、キリスト教ではないことから昔から迫害を受けていました。
ヒトラーは、アーリア人(ドイツ民族も含まれます)こそが世界で最高の人種であり、ユダヤ人は劣等人種である、という考えを持っていました。そして、優秀なドイツ民族もユダヤ人と混血になると血筋の質が落ちるとして、ユダヤ人の絶滅を唱えたのです。こんな考え方に賛同する人が多かったのは、元々ヨーロッパでユダヤ人が好かれていなかったこと、第一次世界大戦での敗戦の責任はユダヤ人にあるという考え方をする人がいたことなどが原因でした。
ヒトラーは初め、ドイツ国内で迫害を行っていたのですが、その後チェコスロバキアやオーストリアを併合し、フランスやポーランドなどに侵攻しました。そして、その占領地でもユダヤ人迫害を行ったのです。
前振りが長くなりましたが、アウシュビッツ強制収容所はポーランドに作られた、最大規模のユダヤ人収容所です。ここで多くの人が厳しい強制労働をさせられ、その途中で亡くなったり殺されたりしました。有名なのはガス室を用いた殺害ですが、これは本当にあったのかで賛否両論あるそうです。
ユダヤ人以外にも、ロマ(ジプシー)の人々や障害のある人、同性愛者など、ドイツ民族の血を汚す、とされた人々は迫害の対象となりました。
忘れてはいけない、人類の負の遺産として、1979年に世界遺産に登録されました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる