ここから本文です

登山時の、特に下山最中の膝痛に悩んでいます。 体重を落とすのが間違いないのは...

shi********さん

2019/6/1118:21:55

登山時の、特に下山最中の膝痛に悩んでいます。
体重を落とすのが間違いないのは分かっておりますが、なかなか効果が上がらず困っております。
簡単にできる対策などあれば教えて下さい。

閲覧数:
166
回答数:
19
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ATさん

2019/6/1121:31:08

膝サポーターを着ける!ストックを使う!
下りる前に鎮痛剤を飲んでおく!
登山平均時間を現在の1/2にする!
登山レベルを下げて、なるべく高低差の少ないトレイルをする!

痛いのは無理している他ありません、大きな怪我や事故に繋がる前に一歩引いた山歩きに移行するべきです

質問した人からのコメント

2019/6/16 12:25:35

今日明日の登山にすぐ役に立つ解答を選ばせていただきました。ありがとうございます。
ダイエット、筋トレ、治療も長期的に考えると絶対必要だなと、皆様の回答を読むと考えされられました。
ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/18件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

man********さん

2019/6/1311:41:12

2本杖と膝サポーターです。

あと体重を落とすには「食事の量を減らす」事しかありません。
「ダイエットの9割は、食事」と言う本も売れています。

私は別件で病院に入院したら、1カ月で5キロ減りました。
3食米飯が付いてても、カロリー計算はされている健康食ですね。
両ひざに縛っていた2リットルのペットボトルを2本外したようなものです。

なんだ!こんな簡単な事か~と思いました♪

sin********さん

2019/6/1300:14:12

慢性的でお悩みなら
http://www.jossm.or.jp/index.html

文字でわかるには限界がありそうです。
しかも個々の症状が多岐にわたる場合があり長くなりそうなので。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ish********さん

2019/6/1210:22:36

膝の何処が痛みます?

もし関節内部といった感じならば、関節に何らかの不具合があります。
これは素人にはどうする事も出来ないので、お医者様に相談してください。

関節に不具合が無ければオーバーユースが主な原因ですから、筋疲労と筋肉の緊張(凝り)、捻じれなどを起こさない事と素早く回復させる事が解決の早道になります。

膝の外側や内側、お皿の周囲、膝裏の痛みならば、多くは腸脛靭帯炎や鵞足炎、大腿二頭筋炎、膝蓋靭帯炎に進んでいると考えられます。
そうなる前に休憩を多めに取り、積極的にストレッチングを行って太腿や股、脹脛の筋肉を解してください。
時々腿やズボンの前ポケット付近(大腿四頭筋付着部→これの緊張が他の筋疲労に大きく影響する)を揉む、叩くだけでも効果があります。

膝に捻じれを感じる場合は、シューズの紐を緩め足や足首の自由度を増すようにしてください。
足にはたくさんの骨や関節があり、足首を含めて様々な捻じれや着地の衝撃等を吸収しています。
これが阻害されるとストレスは膝や股関節に集中するので、膝ならば半月板を痛めやすくなります。

mto********さん

2019/6/1209:38:30

歩き方でずいぶん変わります。
出した足をドスンと着地しがちだと、衝撃の蓄積で膝関節内の軟骨が傷みます。

YouTubeで
「登山、下りの基本」
と検索してみてください。
山岳ガイドさんが講習で説明されている動画や、
他にもたくさんの解説動画見ることできます。

膝曲げた状態で下るには、片足で体重支える筋力が必要となり、
日頃からスクワットなどで筋肉刺激しておくと良いです。

sup********さん

2019/6/1209:21:07

体重を減らせばよいのですよね。
だが筋量を減らさず減量はなかなか簡単ではない。
食事量を減らすしかないのね
減らして胃袋を委縮させる。
栄養価が高くカロリー・嵩少な目が最も良い。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる