ここから本文です

会社法の取締役の解任・責任追及のところで頭が混乱しています。 ①法854条で、...

kae********さん

2019/6/1122:05:25

会社法の取締役の解任・責任追及のところで頭が混乱しています。

①法854条で、取締役の解任が株主総会で否決された場合は、株主は30日以内に解任の訴えをできる。

②法847条で、株主代表訴訟で取締役の責任追及ができて、60日以内に会社が何もしないときは、株主代表訴訟ができる。

①と②で、同じ様な事を言っているように思え、関係性が理解できません。
分かりやすく教えてください。よろしくお願いします。

閲覧数:
14
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

all********さん

2019/6/1122:09:28

1 取締役の「解任」を求める訴訟。
2 取締役に対し「責任追及」、つまり損害賠償請求をする訴訟。

854条では取締をクビにする訴訟で、847条は取締役に損害賠償を求める訴訟です。

質問した人からのコメント

2019/6/12 22:10:00

よく分かりました。ご回答ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる