ここから本文です

貯金の定義について、質問です。

myb********さん

2019/6/1222:41:32

貯金の定義について、質問です。

最近、クイズ番組等で30代男性の貯金がある割合は?みたいな、貯金に関するクイズを見かけますが、一般的な貯金の定義ってなんですか?

当方30代半ばですが、正直自分の貯金なんて、10万程度しかありません。(自分専用の口座にある現金でいつでも好きに使えるお金)

既婚者なので、お金(給与)はすべて嫁に渡しています。
家庭の貯金と言っても、子供の教育資金や毎年来る税金等に供えて貯めてある現金です。
今年度は、上の子の高校受験もあり、その3年後には大学受験もあります。

子供の為の貯金が1000万あっても、それは貯金とは呼べないですよね?
下の子も合わせると数年後には無くなるお金ですもんね。

なので、自分も貯金は10万かぁっていつも思ってます。

貯金の定義ってなんですか?数十年後も自由に使えるお金?

閲覧数:
136
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mel********さん

2019/6/1402:06:52

貯金なのか?貯蓄なのか?
総務省の「家計調査報告」によると、
貯蓄とは、ゆうちょ銀行、郵便貯金・簡易生命保険管理機構(旧郵政公社)、
銀行及びその他の金融機関(普通銀行等)への預貯金、
生命保険及び積立型損害保険の掛金(加入してからの掛金の払込総額)
並びに株式、債券、投資信託、金銭信託などの有価証券(株式及び投資信託については調査時点の時価、債券及び貸付信託・金銭信託については額面)といった
金融機関への貯蓄と、社内預金、
勤め先の共済組合などの金融機関外への貯蓄の合計をいいます。
つまり、金融資産全体を指すのが、貯蓄です。

貯金は、銀行預金やゆうちょなどですが、
運用などで「増やす」のではなく、
現金などすぐに使えるような形でお金を貯めておくことを言います。
現金のままにしておくことはもちろん、
銀行の普通預金や定期預金なども貯金です。

貯蓄ゼロ世帯のデータの出どころは、
金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」だと思いますが、
この調査の定義では、
貯蓄用口座と日常用口座を分けずに一緒にしている、
現金を自宅内で保管している(いわゆる、タンス預金、
持っている資産は不動産という人たちは、
「金融資産を保有していない」と回答することになります。
日常用口座に数百万円を預けっぱなし、
タンス預金で数百万円あるという人たちも、
貯蓄ゼロ世帯にカウントされています。

私的には、貯金と言われれば、
銀行預金と、ゆうちょの口座のしか含めません。
その中でも、年間出費、臨時出費など、頻繁に出し入れある口座は、
含めませんが、
教育費は、子供生また時から、何年も、別口座に入れて、
貯めているもので、その進学時まで、手をつけないのなら、
貯金で含めると思います。
貯金は、運用して増やすものではないから、
計画的にお金を使うための手段と思ってるので、
長期的に貯めるものではあるが、
一生、使わないで、残すものではない。
数年後に使っても貯金です。


https://money.rakuten.co.jp/woman/article/2018/article_0073/
https://allabout.co.jp/gm/gc/471609/

質問した人からのコメント

2019/6/14 22:32:40

ご丁寧にありがとうございました。金融関係は結構複雑ですね。

「貯金 30代」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる