ここから本文です

白洲次郎が、敗戦直後の日本のことを、「世界の最貧国の一つ」というような言い方...

fly********さん

2019/6/1515:56:32

白洲次郎が、敗戦直後の日本のことを、「世界の最貧国の一つ」というような言い方をしていますが、当時の日本は実際GDPなどで見ても、下の方の国だったんでしょうか?

閲覧数:
33
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

urg********さん

2019/6/1518:57:59

GDPなど論じようもない最貧国でした。日本円は日本国内でしか通用しない、外貨との交換不能な紙クズでした。
ですから、海外旅行は不可能。何か輸入したいと思ったら政府から「外貨割り当て」というものを認めてもらう必要がありました。
外国へ留学することも不可能で、「この人は留学させることが日本のためになる」と政府に認められた人だけが、貴重な外貨の割り当てを受けて留学することができました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/6/15 19:01:20

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sam********さん

2019/6/1516:02:21

そんなの気にしてどうするの。 その後の生き様、今の生き様、これからの生き様で、GDPは結果論だべ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる