ID非公開

2019/6/20 21:06

22回答

偏差値の低い大学から障害者枠への就職について。

偏差値の低い大学から障害者枠への就職について。 こんばんは。 今年度から私は大学3年生になり 就職活動をする時期なのですが、 自分のレベルでどの位の企業に行けるのかが分かりません。 大きな会社であるほど障害者を雇わないといけない義務があるので意外と大きな会社にも就職できるのか、 それとも偏差値が低め(偏差値46〜47程)の大学なので大企業にはいけないのか、とても気になります。 障害者でも大企業(例えばNHKなど)に入れる希望があるのなら挑戦して見たいのですが、絶対に無理というレベルなら最初から諦めるのが賢いのかなとも思います。 自分でも大企業に行けるのか教えて欲しいです。 ちなみに手帳はまだ申請予定なのですが精神障害者で等級は2級になるのではないかと医師に言われています。 配慮して頂きたいことはまだ詳しくわからないのですが、きつい言葉で怒鳴られたりしなければ大丈夫なのではないかと思います。 あと3年ほど病気で浪人しているのでそこもウィークポイントになると思います。 何か質問に不備がありましたら補足しようと思っています。 回答よろしくお願いします。

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

偏差値の高い大学にも障がい者はいますので、健常者だろうと障がい者だろうと競争が生じるのは同じです。 あと、基本的に身体障がい者を雇用する傾向にあります。精神障がい者よりも雇用率の計算も有利ですし、設備や業務の配慮もしやすいですし。 加えて言いますと、大手企業であれば法定雇用率を満たすために直接雇用ではなくて、特例子会社を設置してそちらで雇用する所も多いかと思われます。 何はともあれ、受けない事には受かりませんので頑張って下さい。

その他の回答(1件)

0

元採用担当のおぢさんです。活字で手短に書きますので、厳しい感じがしたらご容赦くださいね。また、お目にかかったことのない方への回答となりますので、あくまでも一般論となります。 大手は障がい者枠を身体障害者で採用します。精神障害者は寛解する可能性があるからです。また、バリアフリーやユニバーサルデザインと違って、配慮項目が限定できないのも受け入れる側が躊躇する理由となります。 もちろん、最初から諦めずに大手もチャレンジされれば良いと考えますが、同時に中小企業も視野に入れて就活されるのが現実的な戦略かと考えます。