ここから本文です

納税充当金を過小引当をした時の別表処理について教えてください。 ・前期末決...

アバター

ID非公開さん

2019/6/2316:11:56

納税充当金を過小引当をした時の別表処理について教えてください。

・前期末決算において法人税・住民税に未払法人税に200を設定しました。

・当期において前期確定申告額210を支払うため、法人税等10/未払法人税10の仕訳を
追加計上して、未払法人税210/現預金210の支払を行いました。

このような場合の別表処理は以下の通りと想定しておりますが、正しいでしょうか?
また、別表4上、損金経理法人税ではなく、損金経理した納税充当金に含めても問題ないのでしょうか?

別表4:損金経理した納税充当金(加算)210
別表5(ニ)当期中の納付税額: 充当金取崩 210

補足一部記載もれがあり申し訳ありません。
【追加前提】
・当期末においても法人税・住民税に未払法人税に200を設定しました。

【確認事項】
・当期の申告においての別表処理を教えてください

閲覧数:
53
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

moz********さん

2019/6/2316:53:20

当期も確定申告額の納付のために未払法人税200を計上したというのであれば、書かれている処理で問題ありません。
この場合、当期決算のBSに計上されている未払法人税等は200になります。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/6/2321:56:53

    回答ありがとうございます

    初心者で申し訳ありませんが、当期に損金経理した前期過小引当分10について、別表4の項目名は「損金経理した法人税」ではなく「損金経理した納税充当金」に含めてしまっても問題ないのでしょうか?

    参考書等を読んでいると「損金経理した法人税」としているケースが多いのですが、使用しているシステムでは表示されないため、質問させていただいております。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2019/6/29 20:03:25

ありがとうございます。
手書き別表の名残があることがわかりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

tri********さん

2019/6/2418:26:48

おんなじような事例を取り上げた書籍がありますが、そこでは確か、
前期においては、一応、未払法人税等に含めて処理した損金不算入の税目と未納法人税等の額を等しく計上している状態だと思いますが、結局は、納税充当金での引当額が少なかっただけのことなので、おそらく課税所得計算に影響がないはずなので(損金不算入税目の損金経理額=別表4「4」欄に納税充当金という意味です)、当期において、
未払法人税等10/現預金10
として支払ったわけですから、このことに関して『だけ』では、別表4をさわらず、
別表5(1)で、
納税充当金(期首)200(減)200+10
未納法人税等(期首)△200/△10(減)△210
として、
別表5(2)
法人税(前期分)①200/10③200/10


当期末の会計処理で、
(過年度)法人税10/未払法人税等10
(当期)法人税○○/未払法人税等○○
別表4
「4」10+○○

別表5(1)で、
納税充当金(期首)200(減)200+10(増)10+○○(期末)○○
未納法人税等(期首)△200/△10(減)△210(増・確定)○○
として、
別表5(2)
法人税(前期分)①200/10③200/10
法人税(確定)②○○⑥○○


【追加前提】
・当期末においても法人税・住民税に未払法人税に200を設定しました。

この意味がわかりません。

納税充当金は、税務上は、単なる税金の引当なので、実際より多かろうが、少なかろうが、そのままで、未納法人税等と実際に確定した納付額をマイナスの利益積立金額として記す必要があるので、上のようになると思いますが、実際にお使いになる場合は、かならず課税庁の確認をお願いします。
ご参考までに。
会計処理によって、記載方法も変わりますので。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sec********さん

2019/6/2317:34:32

この質問じゃわかりません。作ろうとしている申告書は「前期」の分ですか、「当期」の分ですか?
「当期」の申告書なら、決算における納税充当金計上額が不明なので答えられません。
「前期」の申告書なら、加算するのは前期の決算に計上した200です。「当期」の計上は申告の翌期のことなので無関係です。

また、別表四で加算するのは、申告する事業年度の法人税・住民税・事業税計上額であり、別表五(二)の「当期中の納付税額」に記載するのは申告する事業年度の前期以前の事業年度分の税金の納付額です。質問を読む限り、同じものを書こうとしているように思えますが。

根本的に別表の構造や書き方を理解できていないように思われるので、答えるだけ無駄な気がします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる