ここから本文です

交通事故、一方的な後ろから追突事故に遭いました。こちらに過失はありません。相...

oef********さん

2019/6/2517:21:50

交通事故、一方的な後ろから追突事故に遭いました。こちらに過失はありません。相手が会社でしたのでこちらも弁護士特約を使い弁護士をたてました。
症状は腰と首のむち打ちで、通院期間4ヶ月と15日、実際の通院日

数は75日。
治療終了後、弁護士より通達がきました。
治療費47万ほど、交通費1万ほど、主婦の休業損害10308円✖️75日分
ここまでは確認できるのですが、傷害慰謝料の計算がわかりません。
67万円➕{(79万➖67万)➗30日✖️17日}=738000円
この値段は相応の金額でしょうか?どなたかお分かりの方がおみえでしたら教えてください。
弁護士なのですが、全く信用できない方なので問うことができません。連絡もぜんぜんくれず、相手の保険会社よりで、病院も私に確認もなく勝手にストップしたような弁護士です。正直、いまになっておもえば、私の弁護士なんだか相手の保険会社の弁護士なんだかわからないような対応をされました。どなたかわかりる方がおみえでしたら力をお貸しください。これは交渉額なので、全部の請求額のうち8割がもらえると思ってくださいともいわれました。どうかお助けください。お願いします。

閲覧数:
176
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/6/2523:12:29

損保会社で人身事故の担当者をしています。

私のPCではところどころ文字化けしていて読み取れないのですが、おそらく「民事交通事故訴訟・損害賠償額算定基準(通称「赤い本」)」で算定された入通院慰謝料だと思います。

「赤い本」の別表Ⅱより

4ヵ月:67万円

5ヶ月:79万円

通院期間が「4ヵ月+15日」なので、4ヵ月分とあと15日は日割りになります。

おそらく1ヶ月が31日の月が含まれていて、実際の通院期間は「4ヵ月+17日」なのだと思います。

※入通院慰謝料の計算では、暦とは関係なく「30日=1ヶ月」と捉えます。

5ヶ月分から4ヵ月分を引き算して「17日/30日」で日割りし、4か月分に加算しますので、ご質問文にあるような計算になります。

「738,000円」で合っていますよ。



>全部の請求額のうち8割がもらえると思ってください

「赤い本」は裁判基準とも言われ、基本的に裁判をしたときの賠償額です。

裁判をせずに示談(和解)をするときには、民法695条の規定により、たとえ一方的な被害者であっても「一定の譲歩」をしなければいけません。

ご質問の内容の「8割」なら、弁護士に依頼して交渉するケースとしては一般的なレベルだと思いますし、家事従事者の休業損害が75日全日認められるなら、ご質問者様に有利な示談といえるでしょう。

※ただし、裁判になって家事労働を休業した日数が75日であることを立証できるのであれば、裁判をした方がいいかもしれません。



【追伸】私の回答は保険会社よりになっている可能性がありますので、他の方の回答も参考になさってください。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

y12********さん

2019/6/2518:19:22

慰謝料 75×2×4200
通院のための交通費 全額
休業損害は1日5700
これが最低限の金額

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる