ここから本文です

国鉄は分割での民営化でしか有り得なかったと思いますか?分割しないと独占禁止法に...

pho********さん

2019/6/2623:15:48

国鉄は分割での民営化でしか有り得なかったと思いますか?分割しないと独占禁止法に違反すると聞いたのですが。電信電話公社はNTTになりましたよね。NTTは東日本と西日本に分かれています。

東と西に分けなければならなくなった理由は独占禁止法に違反するからだそうです。

閲覧数:
40
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

syu********さん

2019/6/2623:26:30

独禁法は無関係です。
(そんなことを書いているのは 無知なネット利用者しかいませんが)

旅客JR会社は,地域単位で民間企業にして 適正な競争を行うことが 利用者つまり国民の利益になるからです。

分割しておくと、もし近代化投資が必要なら、地元の地方自治体から補助金が受けられやすいこともあります(複線化、電化などJRになったら府県の負担でやっています)。

また三つの島の会社は利益が出にくいのはわかっていましたから、経営安定化基金という 持参金を国民負担で持たせて民営化独立会社にしました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hay********さん

2019/6/2716:31:03

国鉄も、日産も、内部の政治ゴロが支配しており、これをどうにかするため、国鉄は「分割民営化」を、日産は「外国企業の傘下に入り、外国人を経営トップに据える」という手法を採りました。


JRの場合、いまのところ固定資産税を免除されたままなのを、今後どうなるのかが、経営課題。

日産の場合、そろそろフランス資本の経営関与を排除してもいい時期だと画策し、東京地検とつるんで外国人経営者の追い出しには成功したものの、それ以上の手をことごとく封じられているのが現状。

2019/6/2716:11:58

私も独占禁止法は関係ないと思いますが、国鉄の分割・民営化は与党である自民党の政治的意向によるものと思います。かつての国鉄労組は最大組織である国労と動労がいずれも当時の総評傘下の社会党支持で、毎年春になると労働条件向上とストライキをしていたので野党勢力を封じる意図があったはずです。これは「大勲位の元首相」がインタビューで「真の目的は労組の解体にあった」とはっきり述べているので間違いないでしょう。車両にスローガンを書いたり禁止されているはずのストライキを「スト権スト」と称してする組合には共感できませんでしたが、民間企業になったにも関わらず「我田入鉄」から逃れられない日本の鉄道の将来を思うと、全く変わっていない政治のあり方に暗澹たる気持ちになります。

kc3********さん

2019/6/2623:27:23

地域のニーズに対応したいからじゃないでしょうか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる