ここから本文です

宇宙のことを考えると何も出来なくなります... こんばんは!

uru********さん

2019/6/2821:27:44

宇宙のことを考えると何も出来なくなります...
こんばんは!

私は宇宙のこと(例えばワームホール・ブラックホール・宇宙の広大さ)を考え始めてしまうと
自分の存在意義や生きる意味について深く考えてしまい、怖くなるのです。
「人間の存在なんて宇宙レベルから見ればチッポケな存在である」
「自分が今学校へ行く時にすれ違う人や鳥・空を飛んでいる飛行機内の人も宇宙から見れば
とても非力で無情なものなんだ」
こう思い始めると生きる必要性が分からなくなるのです。
私は現在大学生で、就活やら様々なイベントが待っているでしょう。
ただ宇宙のことを考えるだけで恐怖心に駆られるのです。

もっというと、朝起きる時 毛布に付いているであろうダニや微生物たちの存在が
宇宙から見た私達人類や生命体と思うと胸が苦しくなります。
今こうやって勉強そっちのけでパソコンのキーボードを叩いている時も
「私の前に存在しているマテリアル(物体)は全てちっぽけな物」という思考が頭から離れません。
この気持ちは一体どこから来るのでしょうか?
私は他の方々たちとは違った思考回路なのでしょうか??
回答の方よろしくお願いしますm(_ _)m

閲覧数:
66
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wak********さん

2019/6/2822:58:36

ブラックホールについて説明します。

ブラックホールは大きさの無い点(特異点)ではありません。この宇宙の最大の密度はプランク距離立方(プランク体積)にプランク質量があるプランク密度です。
ですから、ブラックホールと言えどもプランク密度より高密度になることはありません。

では、ブラックホールの密度と大きさを考察します。
恒星は自己重力が強いのですが、核融合反応による爆発力により、双方の力が釣り合い一定の大きさを保っています。

しかし、核融合反応が終わると自己重力のみとなります。質量が太陽の約30倍以上ある星の場合、自己重力により核が収縮(重力崩壊)を続けます。つまり、自分自身の中に落下し続けます。この様にして、非常に小さいけれども巨大質量を持つブラックホールが出来上がります。

太陽の質量は、(1.9891×10^30)㎏ですから、太陽の30倍の恒星の質量は(5.9673×10^31)㎏です。この様に、ブラックホールは無限大の質量を持つ訳ではありません。

では、どこまで重力崩壊を続けるのでしょうか。太陽の30倍の質量が全てブラックホールになった場合を想定して、そのブラックホールの大きさと密度を求めて見ます。

超ひも理論では、物質を構成する基本粒子は、1本の超ひもの振動として表現されます。
1本の超ひもの長さはプランク長Lp(1.616229×10^-35)mです。その上を振動が光速c(2.99792458×10^8)m/sで伝わります。1本の超ひもの端から端まで振動が伝わる速さがプランク時間Tp(5.39116×10^-44)sです。従って、
①c=Lp/Tp=(1.616229×10^-35)m÷(5.39116×10^-44)s=(2.99792458×10^8)m/s
です。

また、1本の超ひもの振動数が多くなるほど質量が増えエネルギーが増します。そして、最短時間であるプランク時間に1回振動する超ひもが最もエネルギーが多くなります。この時の振動回数は、(1/Tp)回/秒です。
ただし物質波は、ヒッグス粒子により止められ円運動しています。ですから、半径プランク長lpの円周上を1回回る間に1回振動する物質波が最も重い粒子です。これを「プランク粒子」と言います。この時2πtpに1回振動します。ですから、周波数f=1/2πtp[Hz]です。
そして、「光のエネルギーE=hf(h=プランク定数、f=周波数)」なので
1本の超ひものエネルギー=プランク定数h×周波数f=(6.626069×10^-34Js)×1秒間の振動数
です。従って、
プランク粒子のエネルギーE=h/2πTp=(1.956150×10^9)J
です。これをプランクエネルギーEpと言います。「E=mc^2」なので、
最も重い1つの粒子の質量=プランクエネルギーEp÷c2=( 2.17647×10^-8) Kg
です。これをプランク質量Mpと言います。

※プランク時間tpとプランク距離lpは、従来の物理学が成立する最短の時間と距離です。これより短い時間や距離では、従来の物理学は成立しないのです。

それは、全ての物理現象が1本の超ひもの振動で表され、その長さがプランク長lpで、最も周波数の高い振動がプランク時間tpに1回振動するものだからです。

ただし、物質波はヒッグス粒子により止められ円運動しているので、最短波長は半径プランク距離lpの円周2πlpとなります。超ひもの振動は光速度cで伝わるので、この最も重いプランク粒子は2πtpに1回振動します。
決して、πは中途半端な数字ではなくて、幾何学の基本となる重要な意味を持つ数字です。

そして、超ひもの振動自体を計算するには、新しい物理学が必要となります。それが、超ひも理論です。

最も重いプランク粒子が接し合い、ぎゅうぎゅう詰めになった状態が最も高い密度です。1辺がプランク距離の立方体(プランク体積)の中にプランク質量Mpがあるので、
最も高い密度=プランク質量Mp÷プランク体積=( 2.17647×10^-8) Kg÷(1.616229×10^-35m)3=(5.157468×10^96)㎏/m3
です。これをプランク密度と言います。なお、プランク粒子は半径プランク長lpの球体の表面の波です。波はお互いに排斥し合うことはありません。
しかし、プランク体積当たりの「立体Dブレーン」の振動には上限があります。物質としての振動は、プランク体積当たり1/tp[rad/s]です。ですから、プランク密度がものの密度の上限です。

※超ひも理論は「カラビ・ヤウ空間」を設定しています。
「カラビ・ヤウ空間」とは、「超対称性」を保ったまま、9次元の空間の内6次元の空間がコンパクト化したものです。

残った空間の3つの次元には、それぞれコンパクト化した2つの次元が付いています。つまり、どの方向を見ても無限に広がる1次元とプランク長にコンパクト化された2つ次元があり、ストロー状です。まっすぐに進んでも、ストローの内面に沿った「らせん」になります。
したがって、「カラビ・ヤウ空間」では、らせんが直線です。物質波はらせんを描いて進みます。しかし、ヒッグス粒子に止められ、らせんを圧縮した円運動をします。
コンパクト化した6次元での円運動を残った3次元から見ると、球体の表面になります。
したがって、プランク粒子は球体です。

太陽の30倍の質量の物質も、プランク密度まで小さくなります。ですから
ブラックホールの体積=太陽の30倍の質量÷プランク密度=(5.9673×10^31)㎏÷(5.157468×10^96)㎏/m3=(3.856737×10^-67)立米
です。この体積の球体の半径rを求めて見ましょう。球の体積V=(4/3)πr^3なので、
ブラックホールの半径r=[3]√{V×(3/4)π}= r=[3]√{(3.856737×10^-67)立米×(3/4)π}=(4.515548×10^-23)m
です。

この様に太陽の30倍の質量を持つ恒星がブラックホールになった場合、その重さは(5.9673×10^31)㎏で、その大きさは半径(4.515548×10^-23)mの球体です。

プランク時間tpとプランク距離lpは、従来の物理学が成立する最短の時間と距離です。これより短い時間や距離では、従来の物理学は成立しないのです。

それは、全ての物理現象が1本の超ひもの振動で表され、その長さがプランク長lpで、最も周波数の高い振動がプランク時間tpに1回振動するものだからです。

ただし、物質波はヒッグス粒子により止められ円運動しているので、最短波長は半径プランク距離lpの円周2πlpとなります。そして、超ひもの振動は光速度cで伝わるので、この最も重いプランク粒子(波長2πlpの最短の物質波)は2πtpに1回振動します。
決して、πは中途半端な数字ではなくて、幾何学の基本となる重要な意味を持つ数字です。

そして、超ひもの振動自体を計算するには、新しい考え方が必要となります。それが、超ひも理論です。これは、ニュートン力学→量子力学+相対性理論→超ひも理論と発展したもので、前者を否定するものではありません。


詳細は、下記のホームページを参照下さい。
http://catbirdtt.web.fc2.com/burakkuhorunosikumi.html

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tak********さん

2019/7/208:28:14

興味があるものに突き進めば それが意味となるね..鬱の時は生きる意味が わからなくなりました..今は大丈夫です..好きな事を いっぱい楽しんでください。

joy********さん

2019/7/207:07:40

お若いあなたにお伝えしたいことがあります


私は研究を通し、人間には生きる本当の意味があることを知りました。長いですがとても大切なことを書きます


なぜ人間は生きているのか、これまで皆が考えてきた疑問です。でも答えは見つけられていません。だからいくら家族や仕事やお金や物で満たされていても何か物足りない感覚があります

もしすべての物 宇宙、銀河、太陽、地球 、生物、そして人間が、すべて偶然に発生したのなら、すべては偶然に存在しているのであり、存在意義は ありません。本当は生きる意味などないのに、家族や社会のために生きる意味を見いだそうとしています。でも私たちすべては偶然発生した"物"なので、たとえ生きる意味を考え出したとしても、本当はそんなものは ありません
すべては無意味です


でも、私はこれまで宇宙や生物に関する研究をしてきましたが、それが偶然に発生することなど100%無理であることを理解しました
その理由を少しだけ挙げます

1.宇宙の仕組み
私達の宇宙は絶妙な物理定数の上に存在しています。4つの物理学的力(重力、電磁気力、強い核力、弱い核力) さらに、陽子と電子の電荷値、陽子と中性子の重さ、光の速度 など、多数の値がすべて超絶妙に調整されているために、原子が生まれ、星が生まれ、太陽が安定して燃焼します。これらの値のどれか1つがほんのわずかでも今と違っていたら、宇宙は存在できません。これらの値がすべて偶然に揃うことは 確率的にゼロです (ポール・デイヴィスという宇宙学者の「幸運な宇宙」という本を検索してみてください)

2.生物の仕組み
生物を構成しているのは細胞です。細胞の仕組みは1つの都市に例えられるほど複雑で精巧なものです。しかも自己複製できるので都市より相当ハイテクです。最も賢い科学者集団でも細胞1つ作ることもできません。もう少し述べると、細胞のタンパク質はDNAがなければできません。そしてこのDNAも超ハイテクで、1gで1兆GBの情報を記録できます(最先端のmicroSDXCは0.4gで現在最高512GBしか記録できない)
超ハイテクなDNAが偶然にできることはありません (ペンシルバニアのリーハイ大学の教授であるマイケル・ベーエの「ダーウィンのブラックボックス」という本を検索してください)

緻密な宇宙が偶然に整い、超ハイテクなDNAや細胞がまた偶然に発生し、さらに、愛や正義や神について考える「第2の宇宙」と呼ばれる超複雑な脳を持つ人間が偶然にできる可能性は… 科学を詳しく知らなくても
正常な思考で考えたら
100%ゼロです

以上はほんの2例ですが、宇宙も生物も偶然に偶然が重なって発生したとは言えない理由です。多くの最先端の科学者が進化論を否定しはじめている理由でもあります

では宇宙や生物が偶然に発生したのでないならば、どのように発生したのでしょうか

インテリジェントデザイン論(ID論)、つまり人間の思考能力をはるかに凌ぐ存在(宗教的には神と呼ばれる)によって創造されたという論が一流の学者たちによって世界中で真面目に考慮されています(日本人では京都大学名誉教授の渡辺久義氏)

私も色々な生物の仕組みを調べましたが、本当にハイテクな作りをしています (経済産業省サポートでスタートしたネイチャーテック研究会と東北大学大学院の「すごい!自然のショールーム」というサイトを調べてください。自然や生物の精巧な仕組みをとてもわかりやすく載せてます)


では、仮に本当にそのような存在が生物や人間を作ったのであれば、その証拠が自然界以外にもないか。ということで調べたのが宗教です。各宗教には特徴があり、その中でID論 つまり一人の創造者について論じているのは主にユダヤ教 キリスト教 イスラム教で、この3つの宗教に共通して尊重されているのは 聖書です。そこで宗教とばかにせず、客観的に聖書を研究しました


研究で分かった主な点は
聖書には多くの予言が書かれていて、歴史を調べるとそれらの予言が本当に当たってきたということです


日本人は知らない方が多いですが、聖書には多くの予言が書かれています。わかりやすいのはダニエル書にある予言ですが、そこには世界の国々の将来が予告されています。メディアペルシャ帝国、ギリシャ帝国、ローマ帝国、それ以後の世界の列強の動きが予言されています(「聖書ー神の言葉、それとも人間の言葉?」という本の第9章が詳しく解説。https://wol.jw.org/ja にある「書籍」の項の「神の言葉」から無料で読める)

歴史と考古学を調べて分かったのは、ダニエル書に限らず聖書中のすべての予言が、100%実現してきたということです

もし 一つの予言でも実現しなかったなら、もうイカサマと分かりますが、聖書の予言は全部当たってきたことが歴史によって証明されています。信じがたいことです

人間では100%当たる予言をするのは不可能です。でも聖書の予言は創造者によって人間に与えられたと 聖書に書かれています

それで聖書の予言は、やはり創造者が存在している強力な証拠となっていることがわかりました


それでは、聖書には創造者が人間を作った理由、つまり人間の生きる意味が書かれていないか調べてみると、ちゃんと書かれていました

その答えは簡単に言うと
人間は、他の人間と創造者の愛を永遠に楽しむために造られた ということです



どういうことかというと、聖書によると、創造者は愛と正義の神で、人間を造った時、動物のような本能ではなく、思考力(生きる意味を考える力)、良心、正義を求め愛を楽しむ能力を付与しました。 子供をもうけ、家族を愛し、他の人を愛し、また愛されることを楽しめるように造られました

それだけでなく創造者の愛を知るように造られてもいて、神は人間が生きる喜びを味わえるように五感を与え、美味しい果物や野菜、感動的な自然や動植物を造り、それらを人間が楽しみ、感動できるようにして、創造者が人間を愛していることを伝えている とのことです。聖書の使徒14:17に「神は人間に雨や実りの季節を与え、食物と楽しさで人間の心を存分に満たして、ご自分を明らかにしてこられた」とあります

聖書によると、創造者は人間をとても愛していて、元々は人間が地上で健康と若さを保ちながら永遠に生きて、他の人との愛や友情を深めていけるように、また良心に沿って生きて満足すること、そして自然や動植物を見て 研究して、毎日驚き、感動し、また芸術や音楽やスポーツなどを究めて楽しめるように、さらには神との友情を永遠に深めていく、これらの目的で造られたとのことです。聖書の伝道の書3:11では『神は宇宙、地球、動植物、人間などを美しく造られた。神が造ったそれらのものを人間が知り尽くして飽きたと言えないように。永遠の時を人間に与えた』ということが示されています。
(神経学者によると人間は一生の間に脳の潜在記憶容量の1万分の1しか使っていない。何歳になっても死を避けたいと願い、永遠を願う心。これらは永遠に生きるよう造られた名残)


ところが
過去に人間が創造者の定めた法律を捨てた(創造者の支配から独立した)ため、永遠に生きる権利を失ってしまいました。

創造者の支配を捨てた結果、本当の善悪の規準を失い、良心を正しく働かすことができなくなりました。その結果、世界は混乱し、不公平で過酷な社会になり、私達はとにかく生きて、病気になり死んでいきます。真の愛と正義を見失った世界で社会も家庭も混沌としています。これまで多くの人が真理と正義を探し求め、この世界の苦しみを見て心を痛めています


しかし、年代計算できる聖書予言によると、今は終わりの時代です。そしてこう予言されていました「終わりの日には苦難の時代が来る。人々は自分だけを愛し、金を愛し、…親に敬意を持たず,感謝を抱かず,敬神の念がなく,自然の愛情がありません」

予言によると、間もなく神はこの混乱した世界を終わらせるので、地球と人間社会は美しくなります。とても重要な事ですが、そのために今創造者は全人類に聖書教育を施しています。創造者の言われること(=聖書)を学んで、他の人を愛し、正義を求め、良心に沿って生きる人間に、創造者は地上での永遠の命を楽しむ権利を与えてくれるとのことです

そしてこれまでに亡くなった大勢の人間は地上に復活(再創造)させられて教育を受け、創造者に従う人はみな永遠の命を与えられると書かれています



信じがたいでしょうか、客観的に科学と聖書を調べた結果分かったのは、本当に創造者がいて、あなたを見ていて、とても愛してくれていること、私達に完全な健康と若さを取り戻させ、正義の社会で永遠に生きて、他の人間と愛し愛される生活を楽しませること、そして地球の様々な場所や植物や動物、そして果てしない宇宙についての知識を増やし、永遠に感動し、学問や芸術や音楽やスポーツなどを究めて楽しませること、そして神との友情を永遠に深めてゆくこと、これが神が人に与えた生きる目的だということです

この動画が簡単に説明しています https://www.jw.org/ja/%E5%87%BA%E7%89%88%E7%89%A9/%E3%83%93%E3%83%8...

研究から、創造者にはヤハウェもしくはエホバという名前があることも知りました


私を含め多くの人がこれが事実か確かめ感動を覚えています

これがファンタジーではない証拠、ID論と聖書を以下から確かめることができます
https://www.jw.org/ja/%E8%81%96%E6%9B%B8%E3%81%AE%E6%95%99%E3%81%88...


生まれて食べて寝て働いて遊んで死ぬ…それが人間の生きる目的ではありません。あなたも本当の生きる意味を探してください

必ず大きな感動と生きる喜びを得られるはずです p(^-^)q

tas********さん

2019/7/104:13:16

いや、調べれば分かる事や誰かが言っている事をベラベラ喋る人よりも間違っていたとしても自分の考えを述べる人のほうが正解に近いかもしれません。

地球が丸いなんて今や常識だけどこれを発見し言葉にした人は周りの人からどれだけ馬鹿にされたか、、、

生きる必要はあなたなりの宇宙の解明でいいのでは?素晴らしい事だと思いますよ。一度人に笑われるようなアイデアじゃないと見込みはないっす

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqq********さん

2019/6/3007:59:26

色々な考えの人が居ますから、パーセント的にもあなたのお考えが特殊とも思えない気がします。
あなたは余りにも巨大な課題と比べ過ぎていると思います。
人は一人一人が大事な存在と思います。
それは凄いのです。
実は未来もからもそして過去は勿論ですが、自分で見通しなのです。
これはある事を通して分かったのです。

臨死体験でです。
ある人が臨死体験でベットの上から自分を見下ろしていたのですけれど,家族が死んだと思って自分に対して泣いているのを上から見ていたのです。
これはテレビで言っていた事なのですが,それでフト廊下に出たら母親が電話で誰かに亡くなった事を連絡してました。
フト思っただけで廊下に出たので,それでその人が子供の頃不思議に思った場所にも行けるのかと思ったのです。

そうすると山間の場所に来ていて,そうすると向こうから誰か子供が遣って来ました。
それを見ていて上を見たら,何と大きな岩のような物が転げて来たので,ビックリして「危ない」と叫んだそうです。
すると下を歩いていた子がビックリして,気が付いて避けたのです。

それで始めて過去に不思議に思っていた事が分かったという事でした。
即ち子供の頃山間を歩いていたら,突然「危ない」という声が聞こえて,上を見たら岩のような物が転がって来たので,ビックリして避けたという事だったのです。
この声がどうして聞こえたが謎だった訳です。
このようにして結局自分の魂が自分を見ている世界でもあります。

そしてその人は自分の未来はどうなっているのかと思ったら、その時は独身だったのですが、そこに見えていたのは未来の奥さんです。
そして子供も二人居て、自分は望遠鏡を見ていたそうです。
その時は自衛隊員だったそうです。

ところで結果はその通りになったそうです。
奥さん達もその時に見た人だったそうです。
そしてアマチャの天体観測をするようになったそうです。
このように創られている人は偉大だと思うのです。

なおホワイトホールですが、ブラックホールで空間を引き込む話でそして極小に縮んで行って、仕舞には別の空間に抜けて行くのではないかと見られていて、科学の言っているブラックホールでは、以前はこれがありえました。

しかしここの宇宙の空間は別の空間宇宙から見ると、ここが別の空間宇宙に当たる事になります。
それでもし別の空間宇宙からブラックホールが抜けて出ていて、ホワイトホールと想像され、これが抜け出て来ている現場が観測されてもいいのではという事になります。
しかしそれが観測された例はないので、今ではホワイトホールはないものとされてます。

ところで私はブラックホールでさえない考えをしています。
そして宇宙には既に、人が神に依って創られている証拠が備わっている気がしています。
こういう事で私が回答しているので載せてみます。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q122095178...

プロフィール画像

カテゴリマスター

buj********さん

2019/6/2821:53:07

ネガティブに考えるからそうなるのです。
ポジティブに考える癖をつけてください。

宇宙は広いから、

× 自分の存在意義や生きる意味はダニレベルに小さい。

〇 地球は宇宙の中では、生命が誕生した奇跡の惑星である。
したがって、存在している価値は非常に高い。

>私は現在大学生で、就活やら様々なイベントが待っているでしょう。

待っているだけで幸せです。
もう、そういうイベントやチャンスでさえ、無くなってしまった人に比べたら。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる