ここから本文です

君の名はでテッシーの自転車壊したのは瀧ですが、

アバター

ID非公開さん

2019/7/200:23:05

君の名はでテッシーの自転車壊したのは瀧ですが、

三葉に戻って壊したの知らないのにごめんとテッシーに謝ってました。
なぜ知ってるのでしょうか。

補足言われたテッシーも誰が、まあいいいやみたいなおかしな対応してませんか。
まるで貸したのを覚えてないような。

閲覧数:
248
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2019/7/306:30:41

>君の名はでテッシーの自転車壊したのは瀧ですが、三葉に戻って壊したの知らないのにごめんとテッシーに謝ってました。

カタワレ時の再会時に瀧から教えられていたからでしょう。
それがご神体近くの山頂で再会出来た二人のシーンです。

瀧より組紐を返された三葉はそれを頭にカチューシャのように結いましたが、その姿が似合っているかで軽い口喧嘩となりました。
しかしその後、2人は思わず笑い合って仲直りしましたよね。

その直後、画面は上へとスライド(スクロール)しながら、そしてその上空に尾を引くティアマト彗星の姿が見られました。
そのシーンにて

瀧「三葉、まだやることがある。聞いて…」

(.........................。)


三葉「ハッ...来た」

瀧「大丈夫、まだきっと間に合う」

三葉「うん、やってみる」

そしてカタワレ時の終わりが迫って来ました。


このシーンにて、

瀧「三葉、まだやることがある。聞いて…」

三葉「ハッ...来た」

の2人の会話の間には間、時間の経過があると考えられます。
上空のティアマト彗星の姿のみが描かれているシーンは、約数秒間ですが、その場面もまだ少しスライド(スクロール)しながらセリフが無いシーンがあります。
映画内では実質は数秒間ですが、この間はそれなりの時間が経過していたと思われます。
そしてこの間に瀧から三葉へ、これまでの経緯と全住民避難計画の話がされたと思われます。

もちろんテッシーの自転車壊した件もです。


そして
三葉「ハッ...来た」

となるわけです。


また、 新海監督の小説版ではこの間の記述があります。

瀧「三葉、まだやることがある。聞いて…」

に続いて

テシガワラとサヤちんとの計画を、俺は説明する。
真剣に頷きながら俺の話を聞く三葉を見て、こいつは覚えているんだと俺は悟る。

星が落ち、町が消えたことを。
その時に、自分が1度死んだことを。
三葉にとって今夜は再演の夜なのだ。

という感じです。
映画でももう少し間を作る方がわかりやすかった思いますけれどもね。


ちなみに、この場面で三葉が自分が1度死んだことをはっきり認識していた理由も小説版では書かれています。


小説の一説に、「人の記憶は、どこに宿るのだろう。」という文があります。

要は、瀧と三葉は自分自身の頭の中の記憶だけでお互いに相手の事を覚えていた訳では無いんですよ。
入れ替わりを行ったお互いの体・心も相手の事を覚えていたんですよ。
そしてお互いに入れ替わった時、入れ替わった相手の記憶もまた自分の中に流れ込んで来ていたのです。

三葉は、山頂で壊滅した糸守町を見た直後、
瀧の体でいる三葉に瀧自身の記憶が洪水の様に流れ込んで来ました。

一つの町を滅ぼした彗星災害。
瀧は3年未来の東京で暮らしていた事。
その時にはもう三葉自身はいなかった事。
星の降ったあの日、自分は死んだ事......。

つまり、
・夏祭りの日の彗星落下で自分が死んだ事
・自分が3年後の未来の瀧と入れ替わりを行っていた事

などを、入れ替わっていた瀧の体の中の記憶から知りました。

つまり、例え歴史改変によりお互いの頭の中の記憶は消え失せてしまっても、
入れ替わりを行った体・心は、入れ替わりを行って得た記憶を覚えたままだったという事なんですよ。

しかし
物語のラストのシーンでの瀧と三葉の二人は、お互いの名前も存在すらも忘れてしまっていました。
しかしそれは頭の中の記憶という点ではでした。

瀧と三葉はお互いの体が何か覚えています。
それは口に出してはうまく説明できない程の曖昧な物。
そして二人はお互いにかつて大切な何かに触れあった事を覚えており、また同時にそれが失われた事も感じていました。

ですから、
映画での冒頭とラスと近くの社会人となった2人は、お互いに、

「朝、目覚めるとなぜか泣いている。そういう事が時々ある。」

「ずっと何かを、誰かを探している。」

というお互いに何かに惹かれ合う感じになっていたのですよ。
そしてまた、瀧と三葉の二人はお互いにおぼろげながらも何かを願っています。

『あと少しだけでいいから』と...。


そしてあの日、瀧と三葉は電車の窓越しにお互いの姿を見て驚愕し、
『あの人』だと気づく。
名前も知らないのにお互いに「彼(彼女)だ」と気づく。

そして瀧と三葉は自分たちの願いにようやく気づく。
「あと少しだけでも、一緒にいたかった。」
「もう少しだけでも、一緒にいたい。」

電車を降りた瀧は走り出す。
瀧は彼女も同じく自分を探している確信している。

同じ頃、三葉も彼を探して走っている。
なぜ走っているのか、なぜ彼を探しているのかはわからない。
でも覚えてないけれども私の体が全部知っている。

そして二人は映画のラストシーンの階段のところでついに再会を果たしたのでした。


>言われたテッシーも誰が、まあいいいやみたいなおかしな対応してませんか。
まるで貸したのを覚えてないような。

そうでは無くて、三葉の会話内容がおかしかったからですよ。

テッシー
「三葉! お前、今までどこに!?」

三葉
「自転車壊しちゃって、ごめんやって!」

テッシー
「はぁ? 誰が」

三葉
「わたしが!」

テッシー
「……後で全部説明してもらうでな」


つまり、

テッシーは、自転車は三葉本人に貸し、その自転車が壊れてしまったわけですが、

三葉「自転車壊しちゃって、ごめんやって!」

と三葉が誰かにまた貸しして壊してしまい、「それを謝っておいてくれ」と伝言されたと話したので

テッシー「はぁ? 誰が(壊したのか?)」

と聞いたのに

三葉「わたしが!」

と、他人では無くて、まるで自分自身から「それを謝っておいてくれ」と伝言されたと話したので、会話がちぐはぐになっているので、


テッシー「……後で全部説明してもらうでな」

となったのですよ。

>君の名はでテッシーの自転車壊したのは瀧ですが、三葉に戻って壊したの知らないのにごめんとテッシーに謝ってました。...

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/7/308:17:46

    自転車壊しちゃって、ごめんやって!
    ですが、やって は だって って意味ですか。
    方言と思ってました。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mak********さん

2019/7/209:26:46

途中でテッシーのチャリが壊れてるの見つけて悟ったんじゃないですかねw

↓私の君の名は。ブログレビューも参考にどうぞ
https://ameblo.jp/gyurian/entry-12366852073.html

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる