ここから本文です

富士登山について… 登山初心者です。よく登山やってる人や素人だけど登ったって人...

oya********さん

2019/7/208:56:12

富士登山について… 登山初心者です。よく登山やってる人や素人だけど登ったって人が『富士山は誰でも登れるよ~』とか聞きますが、本当にそうでしょうか? 天候、体調、準備、心構え等をネッ

トで色々調べてみましたが、『そんな甘いものじゃない』、『きっと凄い大変なんだろうな…』って思っています。当方、日頃の運動不足もあって富士登山に挑戦したいと思い、ウォーキング始めようと歩きに行ったのですが、1時間歩いたら腰が激痛で帰ってから放心状態でした… 当方、椎間板ヘルニアなのです… 足が痛いとか体力どうこうって前に腰が爆発しそうでした… トホホ… この状態では数時間も坂道を登るというのは無理でしょうか? 最近は椎間板ヘルニアでの坐骨神経痛が無くなって腰そのものがほんの少しでも一定の角度になるとゴリゴリ(音も)している状態です… そういうの治さないと無理でしょうか?

閲覧数:
455
回答数:
16
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nxl********さん

2019/7/708:46:51

誰でも登れるというのは健康で登山に必要な基礎的な知識、体力があって、更にきちんと準備をしてきた人なら誰でも登れるよって話です

富士登山はいくつか五合目があってそこまで自家用車や交通機関を利用して五合目から登山をするのが一般的で、吉田ルートや御殿場ルート、富士宮ルートそれぞれ所要時間は違いますが、各五合目から山頂までの所要時間は5〜7時間、下りは3〜4時間です

つまり、最低でも五合目から山頂まで5時間はかかるという事です

あなたの場合、1時間で腰が悲鳴をあげるわけですから、そのような方が5、6時間、7時間またはそれ以上という長時間の登りに耐えられるわけがありません

更に登山というのは登り以上に下りが大変で、下りの方がより体に負担がかかります

1時間でしかも平地で腰が悲鳴をあげるようなあなたが3、4時間もかかる下りにやはり耐えられるわけがありません

腰に問題のある人が登山をするのは自殺行為ですから絶対にしてはなりません、必ず治してきちんと長時間歩けるような体力になってからですし、登山の基本的な知識を付けている事も必要です

ちなみに、富士山の登頂成功率は70%と呼ばれています

つまりは30%の人は登頂できていない、100人いたら70人は成功しているけど30人は失敗しているという事です

登頂失敗率が30%であり、決して少ない数ではありませんから、ただ誰でも登れるという
のは無責任な発言ですね

質問した人からのコメント

2019/7/8 13:31:14

やはり、人様に迷惑を掛ける事態になる可能性があると考えると体調は登山するべき状態ではないですね… 厳しくもアドバイスありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/15件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mor********さん

2019/7/607:55:18

成功率9割ならあなたは1割に入ります。

痛みに耐えて登るおつもりですか?
快調に登る人は、2割いるかわかりません。

2019/7/600:04:21

長年 山を春夏秋冬 登ってきて
社会人山岳会の救助要員に在籍したこともあります。
(兵隊レベルですので 出動は無し)
海外となると まだまだ ひよこですが
国内ですと 技術と経験と知識では 自信はあります。
(そういう者が 一番危険ですが)

で はっきり言わせていただきますが 諦めた方がいいです。

上記のように自信のある反面 私も椎間板ヘルニアで 時折 坐骨神経痛になります。 生活に支障が出るほどには悪化しませんが 爆弾持ちです。
ですから 現在 楽しめる山は 低山程度です。
理由は 爆発した時 責任もって自力下山しなければならないからです。
道路まで下山できれば タクシーで帰っても 救急車呼ぶのも ある意味
仕方無いかと思います。
(さんざん山をやってきたので そろそろ 違う趣味に移った方がとも考えている 最近です。)

大きな山で 爆発すると 自力下山が困難になり 救助呼ぶことになります。
救助要請にはいろいろ有って、捻挫 骨折 滑落 迷い 発作 高山病 などなど
予期せぬ事態は仕方ないです。
どんな場合も 救助隊は全力で一秒でも早く助けようとします。
それは 予期できる事態でも 変わりません。

でも予期できるのに、自分の身勝手で 無責任登山はやめていただきたい。

どの山にアタックされるとしても 誰も止めたりしません。(止めていますけど)
それは 登山は 社会的責任をもってする 趣味です。

zzx********さん

2019/7/519:03:02

ヘルニアではありませんが私も腰痛持ちです。本格的に登山を始めて5年位になるでしょうか。仕事の休みが取れれば毎週の様に奥多摩や丹沢の山に登ってます。
そんな私ですが、多分アスファルトの上を1時間も歩けば腰や膝が痛くなると思います。あなた自身の普段の生活の中で痛みが無ければ大丈夫だと思いますが、少しでも痛ければ絶対にやめた方が良いです。
それより運動不足なら筋肉痛や持久力の方が心配になります。
先ずは近場の山で身体の状態を確認されてからの方がよろしいのではないでしょうか。

みかんさん

2019/7/300:16:09

健康に問題ない人なら誰でも登れる、ということでしょう。

もちろん暴風雨や災害が起こればその限りではありません。

タイコさん

2019/7/222:04:58

>富士山は誰でも登れるよ~

晴れた夏の富士山は技術的には簡単な山なので、ある意味正解です。小雨くらいなら、本当に誰でも登れます。


>1時間歩いたら腰が激痛で帰ってから放心状態でした… 当方、椎間板ヘルニアなのです…

平地を1時間歩けない場合は無理ですね。岩がゴロゴロしている坂道を、片道5時間以上歩かないといけないので。


>この状態では数時間も坂道を登るというのは無理でしょうか? 最近は椎間板ヘルニアでの坐骨神経痛が無くなって腰そのものがほんの少しでも一定の角度になるとゴリゴリ(音も)している状態です… そういうの治さないと無理でしょうか?

それは医者に聞いてくれとしか言えません。でも、普通に考えて、平地1時間がキツい人に、坂道(特に下り、ダメージ大)を5時間は無理だと思います。
近くに丘陵公園のような場所はありますか?あれば、そこを1時間歩いてみては?それでキツければ、富士山は無理です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる