ここから本文です

宇宙人、に関して質問があります。 存否はともかく、「未来人」との説はあとを...

tam********さん

2019/7/400:08:14

宇宙人、に関して質問があります。

存否はともかく、「未来人」との説はあとを絶ちません。しかし、私には疑念があります。
それは、時間の「非可逆性」すなわち、未来→過去には戻れない、ゆえです。

そこで(あくまで)可能性、において問いがあります。

もし1パーセントの誤差でビッグバンを起点として、地球より早く文明をもつ惑星があったなら、1億年以上前に、同等以上のテクノロジーを得ていたと推察されます。

よって「過去人」、地球文明に限らずですが、あくまで可能性として、いかがでしょう??


忌憚の無いご意見、お待ちしております。

未来人,BIGBANG,テクノロジー,存否,非可逆性,時計,パラレルワールド

閲覧数:
166
回答数:
9
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cat********さん

2019/7/422:49:12

bujさんの回答と同じ趣旨ですが、「未来人」というのは、今の人類と血のつながった子孫という意味を持ちます。ということは、「過去人」というのは、今の人類の祖先という意味になるはずです。他の星で生まれた、人類とは血の繋がっていない生命体がいたとしたら、それは「過去人」ではなく、単なる「宇宙人」です。


それから、質問者さんは「未来→過去には戻れない」と考えているようですが、相対性理論では、時間の流れ方は人によって異なると考えます。未来から過去に戻ることには、相対性理論においても大きな困難がありますが、不可能と決めつけるのではなく、もっと柔軟な思考をした方がよいと思うし、第一、その方が夢がありますよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sin********さん

2019/7/721:42:31

地球が恒星間航行できる水準に到達した時の文明の形態と
別の惑星の存在が恒星間航行できる水準に到達した時の文明の形態が
似たものになってしまう可能性が有ります
DNAデザイン自在ならばどの惑星出身だろうとも形態自在の世界
AIの進化連鎖の行きつく先が同じ獲得領域になるのなら
宇宙レベル到達の文明は全て
似たような存在であり形態になってしまうという可能性も有ります
そのような存在は地球人の未来の形態に重なり
エイリアン=地球人の未来の形態
同様な存在であるという解釈もできるかもしれません

プロフィール画像

カテゴリマスター

fau********さん

2019/7/509:24:42

>もし1パーセントの誤差でビッグバンを起点として、
>地球より早く文明をもつ惑星があったなら、
>1億年以上前に、同等以上のテクノロジーを得ていたと推察されます。

そんな難しいことを考えなくても・・・・

ビックバンがどれくらい昔のことかということについては諸説あるようですが、130憶年前とか 150億年前とか・・・
太陽や太陽系が構成されたのは 50億年前くらいのことらしいです。
太陽系が構成されるより1憶年前に他の恒星系が構成されることは容易に想定できるでしょう。
その恒星系の惑星では、地球より1憶年早く 地球と同等のテクノロジーを得ていたと容易に想定できるでしょう。


>存否はともかく、「未来人」との説はあとを絶ちません。

あー、言われてみれば・・・・
恒星間飛行を可能にするような進んだテクノロジーを持った宇宙人なら、月より遠くに行ったことの無い地球人など簡単に侵略・征服できそうなものです。
それをしないということは・・・・未来人、つまり我々の子孫なら辻褄がありますね。
現地球人を殺せば「親殺しのパラドックス」を誘発してしまう。
やたらと未来のテクノロジーを教えてもタイムパラドックスを誘発してしまうでしょう。
結局のところ、ただ観察しているしかない。

若竹彦さん

2019/7/422:59:46

中に何もない「時間自体」が変化する仕組みを説明することは、未来永劫できません。なにしろ、そこには何も無いのですから。

説明できないことを信じることは、「神の存在を証明できないけれど信じる」ことと同じ信仰です。科学は合理的に説明されなければなりません。ですから物理現象は、「ものの変化」で説明しなければなりません。
つまり、「時間が遅れる」のではなくて、「高速移動すると時計が遅れる」のです。

光速度cに近づくにつれ、時計を構成する粒子が動きにくくなるので、その時計は遅れます(光速度cに近づくにつれて粒子が加速し難くなることは、加速器の実験で実証済みです)。
アインシュタイン博士もその著書で、「高速で移動する時計は遅れる」と述べられています。

また強い重力によっても、時計を構成する粒子は動き難くなるので、その時計は遅れます。

kfl********さん

2019/7/419:38:06

未来人は来ています、"時間が存在しない"という有力な仮説は、地球の研究所にあるオーバー時空計り機器により現在は仮説とされています。
つまり時間はあるのです。
このオーバー時空計り機器を破壊すると時間はなくなってしまいます。
そしてこのオーバー時空計り機器は有限の時間しか作れないので宇宙には始まりがあり終わりもあることです。
宇宙の終わりが近づくほど未来人の数は減っていきます。
未来人も宇宙人も、宇宙の始まりの前と終わったあとには行けませんがその間なら行き来は容易いのです。
現在地球には宇宙人と未来人の両方が来ています。
そして宇宙には天井、壁、床があり床などを掘る事も出来ますが宇宙の面積は変化せずそして有限なのです。
神、時空、宇宙、組合わせが大まかなところですが、4つめの組合わせがとくに大きいでしょう。

txr********さん

2019/7/413:51:11

>存否はともかく、「未来人」との説はあとを絶ちません

科学知識のないやつの妄想でしかないw それを「説」とは言わないw 少なくとも科学的な説ならちゃんとエビデンスがあるが、未来人説はなんの英美で酢もないただのオカルトさんの妄想でしかないw

>あくまで可能性として、いかがでしょう??

論拠の要らない可能性なら何でもありw

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる