ここから本文です

会計限定監査役(小監査役)と、会計参与の機関設計の上での違いと、それぞれの役...

ru3********さん

2019/7/401:06:39

会計限定監査役(小監査役)と、会計参与の機関設計の上での違いと、それぞれの役割について教えて下さい。どちらも株式譲渡制限会社で、株主総会があってら、役員がいる。こぢんまりとした会社。機関設計の時点では

、小監査役と会計参与では、差がないのでは?どちらも会計監査人は不要ですよね?役員会がある会社であれば、監査役か、監査役会、もしくは委員会ができるのて、会社監査人が出てきますね?

小監査役と会計参与の機関設計の違い。
役割の違い。会計に監査を限定した監査役と、経理担当者の計算書類を一緒に作る人って、意味は変わらないのではないでしょうか?

詳しい方、御指南ください。
よろしくお願い申し上げます。

閲覧数:
8
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac********さん

2019/7/406:55:57

会計参与って税理士さん等しかなれません。どのみち税務申告でお世話になるんだし、中小企業にとって大事なのは会社法というより税務なので、かあちゃんを小監査役にしておくよりよほどメリットがある、ということでしょう。
そういう実態があるから会計参与制度を設けた、しかし相変わらずかあちゃんを小監査役にしておく会社もあるからそれも認めている、ってことでしょうね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる