ここから本文です

日本のマスクマンの歴史は80年代に開花したと言えると思います。 81年タイガーマ...

ohh********さん

2019/7/522:42:04

日本のマスクマンの歴史は80年代に開花したと言えると思います。
81年タイガーマスク(新日本プロレス)
82年ウルトラセブン、ドリームマシン(全日本プロレス)
83年マジックドラゴン(全日本プ

ロレス)、ザ,コブラ
(新日本プロレス)
84年2代目タイガーマスク(全日本プロレス)、ストロングマシン(新日本プロレス)
そして80年代最後の年89年に新日本プロレスでデビューしたのが獣神ライガーでした。来年の1,5東京ドーム大会で30年のマスクマン生活に別れを告げます。
質問はもしも89年当時の新日本プロレスがマーベルと提携して獣神ライガーではなくてスパイダーマンとして4,24東京ドーム大会でデビューしていたとしたら
30年も愛されたスーパーマスクマンとして存在していたと思いますか?

閲覧数:
43
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ain********さん

2019/7/600:33:06

スパイダーマンは、当時特撮で放送されていました。つまり、観る側はアメコミではなく特撮版を思い浮かべて微妙になると思います。また、マーヴェルがタイアップしていたら設定の雁字搦めでつまらないレスラーだったと思います。
ライガーは、タイガーマスクと同じでテレビから飛び出したヒーローでありつつ、タイガーマスクと違い巨大ロボットアニメでプロレス要素がない作品でした。
私は大好きな作品でしたが、知名度的にはマイナーな作品なので、逆にプロレスで自分好みの色を付けても個性として受け止められたのだと思います。
サンライズ側が設定をゴリ押ししなかったのも大きいでしょうし、生みの親は新日好きで、他人が手掛ける自作に興味の薄い永井大先生というのもライガーがブレイクした要素でしょう。

質問した人からのコメント

2019/7/6 21:53:22

やはりライガーで大正解だったのだと思います。
来年、1,4のIWGPでなくて1,5のライガー引退試合の東京ドーム大会を観に行こうと思います。
回答どうもありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

rod********さん

2019/7/608:06:02

東映の特撮を想像してしまいます、猫背移動、対角では切り返し攻撃など、細身で身軽なのがデフォルトなので年齢、累積ダメージで動きが悪くなると、魅力が激減し「いるだけレスラー」になりかねません、権利元の使用料もバカ高ぽいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる