ここから本文です

私道持分がない場合の重要事項説明について 取引士が重要事項説明において私道...

アバター

ID非公開さん

2019/7/621:13:01

私道持分がない場合の重要事項説明について

取引士が重要事項説明において私道持分がない土地の売買において説明は、
私道持分がありません。と説明すれば十分ですか?

それとも、デメリ

ットや想定されるトラブルなどを具体的に説明する必要がありますか?

閲覧数:
57
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/7/710:48:39

「私道持分がありません」というだけでは不十分だと思いますよ。
で、その結果どういう事態が予想されるのかということまで記載して買主に説明する必要はあるでしょう。

例えば、すでに前所有者と私道持分権者との間に「通行・掘削承諾書」があるのかないのか、それが新所有者にも引き継がれるのかどうか。
それがないなら、新たに取得可能かどうか。
もし取得しない(または 取得できない)なら、建物建築や住宅ローンで不利になる可能性がある等々を記載・説明して、その上で購入するのかどうかを買主に判断してもらうことになるでしょう。これは買主のためであると同時に、後々仲介責任を問われないために必要なことだと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

xtg********さん

2019/7/708:04:04

当然ですがそれらに関しては、買主が購入するための判断材料ですので、
不動産業者は善管注意義務に従って、説明する必要があります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる