ここから本文です

ヨットの舟底にはキールがあるって聞きましたがこれは舵みたいなものですか?

アバター

ID非公開さん

2019/7/820:31:16

ヨットの舟底にはキールがあるって聞きましたがこれは舵みたいなものですか?

閲覧数:
39
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sen********さん

2019/7/821:24:32

垂直尾翼に少し似てますね。
サメやイルカの背びれにも少し似ています。
もしもキールがなければ、風上には登れません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jog********さん

2019/7/909:00:34

ついでに言うと、
かつてセーリングクルーザーや12メータークラスでは、センターボードの後端に舵のような装置がありこれを「トリム・タブ」と呼んでいます。
補助的な舵の役割を持たせていました。
また、セーリング・クルーザーではセンターボードの下には(多くの場合)錘をつけて艇が傾くのを抑える働きをしています。
因みにレースでは鉛より比重の重たい金属は使えませんが、ここにゴールドを使って密輸するというサスペンス小説があります。
余談ですが。

tid********さん

2019/7/823:55:26

余計なお世話ですが、キールとは、船底の竜骨(背骨の様な頑丈な部材)でして、ほとんどの船に有ります。
ヨットの下に有るのはセンターボードです。
大型のクルーザーでは、キールと一体となっていますし、重りが追加されています。
目的は横流れを防ぎ、マストとの重心をバランスさせ、安定を良くする等ですが、最も大きな目的は、セールで受けた力を舳方向に変換することです。
陸上保管前提の小型ヨットでは、持ち上げる等が出来る様に成っています。
お邪魔しました。

kal********さん

2019/7/820:34:12

クルーザーの場合、船の横方向へのすべりを防ぎ艇体を立たせる錘の役割をします。
舵とは違って進行方向を変える機能はありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる