ここから本文です

電車がブレーキをかけた時に床下から「キーン」という音がするのは何故ですか?

san********さん

2019/7/821:52:13

電車がブレーキをかけた時に床下から「キーン」という音がするのは何故ですか?

車輪と制輪子の摩擦で起こる音のことではありません。残圧停車で停車してからブレーキを強めた時にもなっています。

閲覧数:
58
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

MT54Bさん

2019/7/1500:30:52

どんな音を指しているのか分からないので、推測で可能性のあるのはといえば・・・

自動高サ調整弁(LV)と空気ばねの音かも?

特に駅に停車中で、結構な人数のご乗客の乗降があれば、必ずLVが動作します。
尤も私には「キーン」という風には聞こえませんが、、、

LVの動作の概略ですが、車体が傾いたときに、車体をまっすぐにさせるように空気ばねのエアの圧を調整するんです。
空気ばねは非常にしなやかなので、ご乗客の乗降の際はどうしても車体がホーム側に傾きがちです。
なので、乗降するご乗客が多いときはLVはずっと鳴いてます。

なお、カーブ走行中や入駅の際の分岐器通過の時にもLVは動作します。
ちなみにボルスタ付きの枕バネの空気ばねは「シューシュー」と、いかにもエア音がするのですが、ボルスタレス台車の場合は甲高い音がします。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる