ここから本文です

気象予報士試験で、学科試験が免除されることがあるのは、次のどの称号を持ってい...

q12********さん

2019/7/1000:05:34

気象予報士試験で、学科試験が免除されることがあるのは、次のどの称号を持っている場合?

ジャンル 天気予報

防災士修士博士技術士(応用理学)

閲覧数:
122
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mac********さん

2019/7/1023:34:28

「技術士(応用理学)」です。

気象予報士試験の学科試験免除については、
気象業務法施行規則により下記のように定められています。

第十八条 学科試験のみに合格した者については、申請により、前条第二項の通知をした日から一年以内に行われる学科試験を免除する。

第十九条 学科試験の全部の科目について試験を受け、その一部の科目について合格点を得た者については、申請により、第十七条第二項の通知をした日から一年以内に行われる学科試験に限り、当該合格点を得た科目に係る学科試験を免除する。

第二十条 試験を受ける者が、次の各号の一に掲げる気象業務に関する業務経歴又は資格を有する者である場合には、申請により、それぞれ当該各号に定める試験科目に係る学科試験を免除する。

一 予報業務に従事する者の養成課程であつて気象庁長官が定めるものを修了した者であつて、三年以上予報業務に従事した経歴を有するもの 予報業務に関する一般知識及び専門知識

二 技術士法 (昭和五十八年法律第二十五号)第三十二条第一項 の規定により登録を受けている技術士(応用理学部門に係る登録を受けている者に限る。)であつて、三年以上予報業務に従事した経歴を有するもの 予報業務に関する一般知識及び専門知識

三 国の行政機関において七年以上予報業務(その業務経歴により前二号に規定する者と同等以上の知識及び技能を備えることができるものとして気象庁長官が定める予報業務に限る。)に従事した経歴を有する者 予報業務に関する一般知識及び専門知識

四 観測業務に従事する者の養成課程であつて気象庁長官が定めるものを修了した者であつて、国の行政機関において三年以上観測業務に従事した経歴を有するもの 予報業務に関する一般知識

五 国の行政機関において七年以上観測業務(その業務経歴により前号に規定する者と同等以上の知識及び技能を備えることができるものとして気象庁長官が定める観測業務に限る。)に従事した経歴を有する者 予報業務に関する一般知識

2 前項各号の経歴には、特別な判断を要しない単純な業務に関する経歴及び連続した業務一年に満たない経歴を含まないものとする。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

uni********さん

2019/7/1005:39:10

「技術士(応用理学)」です。

気象業務法施行規則によると、応用理学部門の技術士で、かつ3年以上予報業務に従事した経歴を有する人は申請により学科試験を免除される規定があります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる