ここから本文です

世界史を学習する意味はなんとなく分かりますが、年号や日付といったものをすべて...

アバター

ID非公開さん

2019/7/1014:16:26

世界史を学習する意味はなんとなく分かりますが、年号や日付といったものをすべて覚える意味が分かりません。歴史というのは流れがあり、それを学ぶ意味はわかるんです。年号も授業などの時点で使う分にはいいと思い

ます。しかしテストで年号を聞いたり、そこから答えを出すものはどうかと思うんですがもし、意味があるのであれば教えてください。

閲覧数:
58
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mok********さん

2019/7/1217:33:05

歴史で戦争が悲惨だと学んでいたら戦争は回避できる可能性があります
まあ、そう単純でもないし愚かな人間も多いので戦争やってしまうのですが

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

urg********さん

2019/7/1121:38:37

はい、おっしゃるとおりで、歴史で大事なことは「だれが何してどうなった」という流れを理解することです。世界がどう変化してきたのか、なぜその変化が起こったのかを理解することです。
年号など年表を見ればいいのです。
もちろん、フリードリヒ大王とナポレオンのどっちが先に生れていたかわからないようじゃ、流れを理解しているとはいえません。
流れを理解すれば、「この事件はだいたいこのあたり」と10年以内の誤差で言えるでしょう(ですが流れを理解する過程で年表はしばしば見なければなりませんが、)。
それでいい、とわたしは思います。
ですが、学校ではテストをして採点しなければならない。
「なぜそうなった」という歴史の流れを語ると、学説の違いなども出てきて採点がひじょうに難しくなる。
年号を覚えているかどうかなら試験の採点が楽です。

deu********さん

2019/7/1119:06:59

歴史を学ぶ意味が理解できているのなら、年号・日付も同時に意味を持つはずです。何故なら、歴史は生きてこそ歴史であるからです。

典型的な例を挙げれば、ドイツの文豪ゲーテにとっての1792年9月20日という年号・日付がそうでしょう。

「ここから、そしてこの日から、世界史の新たな時代が始まる」と記したゲーテは、この日フランス革命戦争の転換点となるヴァルミーの戦闘に従軍し、フランス軍が国民軍として戦うのを見たのです。

ゲーテはヴァイマール公国の宰相であり、自身も貴族でした。その彼にとって平民(国民)の軍隊が貴族の指揮する軍隊を破ったという事実の持つ意味が軽かろうはずはありません。

問題は貴族と平民の対立がヨーロッパ史を規定するほどの意味を持つ対立であり、ゲーテも貴族として平民との関係を意識していたはずなのです。

だからこそ1792年9月20日はアンシャン・レジーム、つまり君主制・身分制が終焉した日であり平民つまり国民の時代が始まった日であるとゲーテには意識されたのでしょう。いわばゲーテはー世界史的な意味でー1792年9月20日を生きたのです。

このように言うと「歴史の現場に居合わせたゲーテは稀有な例であり、私の参考にはならない」と思われるかもしれません。ですが、歴史が現在と過去の関係であるとしたら現在は誰にも等しく与えられる以上、質問者にも過去が歴史的現在となる可能性があるはずです。

例えば敬虔なキリスト者・イエスのもたらした福音のみが自分にとって全てであり、その出発点がルターの回心であると考える人にとって、1517年10月31日という過去の年号・日付は覚えるまでもないことです。

この日、1517年10月31日から福音に基づく歴史が始まるのであり「その歴史の最前線に自分が立つ」という「歴史意識」を持つ人にとって1517年10月31日という日は歴史的な意味を持つからです。

このように見ると、年号・日付が意味を持つのは、
その人が歴史を生きるからであることが解るでしょう。

もう少し言いましょう。質問者が「現在」を意識する際は、どのように意識されるのでしょうか?いつ「現在」が始まったか?始まった年月を思い出すはずです。

例えば質問者が彼氏・彼女と楽しい充実した関係を築いたならば、彼氏・彼女と出会った日・告られた日が問題となるはずです。この場合、告られた日は「現在」の出発点と意識されても覚えるか否かの問題ではないはずです。

「現在」とは、このように過去との関係において「現在」足りうるのです。ですから「歴史的現在」が意識される際も「いつ始まったのか?」が問題となる。ここに年号・日付が歴史的な意味を持つ、つまり記憶の対象となる理由があります。

質問者が「なんとなく分か」ると仰る「世界史を学習する意味」とは、このような意味においてでしょうか?おそらくですが違うでしょう。

繰り返します。
歴史における年号・日付は歴史を生きる人にとって意味が生じます。
ですから問題は、質問者が歴史を生きたいか否か?となります。

fer********さん

2019/7/1114:34:22

>意味があるのであれば教えてください。
確かに意味はあまりありません。
細かな数字を暗記することが歴史の勉強ではありません。

>しかしテストで年号を聞いたり
実際に、細かな数字を問う問題などあまり出題されません。
大学入試で、細かな年号を問う大学は、少し特殊な問題という感じです。

一般的な入試問題であれば、センター試験のように細かな数字は
問いません。
センター世界史の年代問題は、細かな数字を暗記していなくとも
他から類推して解くことができるようになっています。

プロフィール画像

カテゴリマスター

tok********さん

2019/7/1015:35:52

年号の助けなしに流れだけで世界史を再現できるなら、むしろ極めて優秀です。可能ならぜひそうして下さい。

離れた地域間や、同じ国内でも関連の薄いテーマを時代で輪切りにする出題も少なくないはずですが、年号を覚えていないと手も足も出ません。百年戦争終結とコンスタンティノープル陥落が同時期であることを流れから導くのは不可能ですが、1453年という年号が記憶にあれば簡単です。

あと、高校を出て10年20年経った凡人は、結局そうして覚えた年号くらいしか出てこなかったりするんですよ。そしてそれが結構役に立つ。ナントカ帝国が何世紀頃栄えたのかすらとっさに出てこなくなった時、「〇〇年カントカの戦い」はナントカ帝国での出来事だという記憶が助けになる訳です。日本史の話ですが、徳川15代将軍や江戸時代の36の元号をそらで言えるようにしておくと(高校生の今なら本当に簡単)、その後の人生でとんでもなく役に立つこと間違いないです。

まあ「学校で学んだことが何の役に立つのか」という勉強嫌いの子供を納得させる答えがないのは、今も昔も同じです。その先の生き方によっては、全然必要ないこともありますから。
でも、もっと学んでおけばよかったと後悔している大人はすごく多いですよ。例えば歴史だと、山川の「もう一度読む」シリーズは130万部突破だそうです。

il_********さん

2019/7/1014:53:28

時系列を整理するのに年号は必要ですね。それが記憶に入ってたら、歴史から得られる洞察などを瞬時に理解できるようにもなります。例えば人と会話する時に「昨日何やってた?」「彼はいつ○○へ行ったの?」とか言うじゃないですか。それと似た感じで歴史をさらりと分析できるようになります。
…いや、それが日常的にどう役立つのかと言われたらアレですが(=_=;)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる