ここから本文です

教えてください。 登山で緊急連絡用にハンディー機を買いたいと思っています、最...

s09********さん

2019/7/1111:09:16

教えてください。
登山で緊急連絡用にハンディー機を買いたいと思っています、最近は簡易デジタル無線機というものがあり、5Wだせると書いてあります、私は4アマなら持っています。

ヤエスのFT-65を買おうかと思っていたら、簡易デジタル無線でも、両方とも5Wだそうで、電波の到達距離が同じなら安く済む簡易デジタルでいいような気もします。
電波の到達距離はどうでしょうか? ヤエスのFT-65と5W出力の簡易デジタルは
どっちが使えるでしょうか?
用途は遭難時の緊急用でふだんは使いません。よろしくお願いします。

閲覧数:
227
回答数:
14

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ntr********さん

2019/7/1519:41:08

3エリアですが
山での非常通信を傍受したことがあります。
登山者が急病で倒れたようで、県警の救助ヘリが到着し
他県の救急病院に搬送されるまでの交信をききました。
登山者の一人がアマチュア無線機を持ってたようで、
その人の声は直接自分に届きませんでしたが、
届いていた複数局から呼びかけが聞こえていました。

バンドは430でしたが、土曜日だったため
隣接周波数が不法局でつかわれており、
433.00MHzのメインチャンネルで交信されてました。
また、その模様をろくにワッチしてないアマチュア局が
「ここメインですよ」とか「サブで通信しましょうね」と
かぶせていた状況もありました。

傍受から2時間前後くらいで救急病院へ搬送されたらしく
無線を拾った方から県警に通報されたぽいです。
ただ、のちの報道を見ると搬送者はそこで亡くなったとか。
通報者には県警か消防から「危ないところだった」と
無線で呼びかけがありましたが…実際ヘリが来るまでに
1時間はかかってたので容態悪化したのかもです。

以上経験談?でした。

さてご質問ですが
アマチュアやデジタル簡易無線などのハンディ機でつかわれる
周波数帯では、谷間をつなげるような携帯ぽい中継局もなく
電波は直線的(見通し範囲)にしか電波がとどきません。
周囲に見えてる山肌と空にしか電波が飛ばない、ということです。
遭難後に山間の沢や谷で「5Wのおかげで応答してもらえた」とか
「1Wしか出なくて困った」という事例はたぶん無いと思います。
そこにアマチュア無線機を持った人がいて、ようやくのぞみが
つながります。

なのでいくら出力は強くても、山の向こうは突き通せません。
なお、短波帯(HF)の無線機だとまた状況は違いますが、
ハンディ機はまぁないのでおいときます。

まとめると低地、特に谷の部分で遭難したとしたら、
出力の強さよりは、呼びかけられる時間がながくなるよう
長時間使用できる電池持ちがよい機種か、別電源がつかえ
携行できる無線機をえらぶほうがよいです。

具体的は
・低出力モードにできること(1Wとか0.5Wとか)
・乾電池がセットできること(乾電池の携行も必要)
・軽くて丈夫な機種、防水もあるほうがいい
になりますかね。

FT65は乾電池ケースがありません。
オプションでも発売がないので注意が必要です。

八重洲ならコンパクト故に山系ユーザーが多いVX-3もあります。
乾電池ケースはオプションでありますが、防水じゃないので
ちと工夫は必要です。

とりあえず機種選びはお店で聞くのが一番ですね。

いっぽうでデジタル簡易無線ですが、仕事で使う人が多いので
傍受したユーザーが忙しかったりすればスルーされる場合が
多分にあると思います。
また無線機自体が高コストで、デジタル方式のため昔からある
受信機では会話がノイズにしか聞こえず、その点でも不利です。

いっぽうでアマチュア無線家はたいてい暇…いやいや
ワッチ(受信)に勤しんでるので、その点は心配ないですw
もちろん無線免許がない人でも使えるフツーの受信機でも
音は拾ってもらえます。
個人的にはアマチュア無線機を選ばれることをオススメいたします。

最後に、リチウムイオン電池搭載の無線機の場合、
長期放置すると放電しすぎになれば充電さえできなくなることが
ままあるので、いざのときに困ることがあります。
毎週毎月とはいいませんが、電池や充電確認もかねて
たま~にでも運用しておくのがいいと思いますよ。
電波上でなじみの人がいないよりは、居てる場合のほうが
気にかけてもらえて助かりやすいかもですし。
(必ずしもそうとはいいませんよ?)

参考になれば幸いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/13件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

gogocbf125さん

2019/7/1112:05:12

有資格者が合法使用するなら、どちらでも好きにすればいいですよ。
どうせ「ふだん使わない」人は、単信式のトランシーバーで非常時に取るべき運用方法も判らず、むやみに送信して電池を消耗し、使い物にならずに終わるでしょう。非常用に無線機さえあればいい、だなんて甘い考えの人は、実際の非常時にはオロオロして泣くだけですよ。

osh********さん

2019/7/1112:08:14

免許がある/ない、電波が飛ぶ/飛ばない、などは一切関係なく、普段使わない無線機なら登山に携行しても無駄です。

普段使わないものを、いざというときに適切に使用できますか?

どこの周波数、チャンネルを使用するのが適切ですか?

緊急事態の詳細内容を的確に通信の相手に伝えることができますか?

通信状況によっては、雑音のひどいなか、通報しないといけない場合も考えられますが、的確に伝えるスキルはお持ちでしょうか?

和文通話表、欧文通話表は、最低限マスターしてますか?

普段は使わず、通信訓練もせず、緊急時に無線機を持っていたら助かるだろう、便利だろうというのは、登山家としても失格です。そもそも、無線機の活用方法が間違っています。

正規に行われているアマチュア業務、簡易無線業務の通話の妨害になるので、所持しないでください。

pgb********さん

2019/7/1114:53:21

デジタル簡易無線は非常専用のチャンネル自体が存在しませんし、呼び出しチャンネル(15ch)自体も熱心な愛好家以外は待ち受けしておらず、山で送信しても誰も聞いていないと思います。仕事の業務連絡で通話している局はあちこちに存在していますが、仲間内だけの秘話モードで交信していますので、こちらから呼びかけても相手の無線機には聞こえません。

第三者につながる確率はアマチュア無線のほうが高いと思われますが、アマチュア無線で救援を呼ぶという行為は、長年の経験と技術、運用地の周辺環境を熟知した人間でないと困難で、なかなか映画や漫画の描写のようにはいきません。

普段から無線機を操作したり交信されない方は、いくら有資格者と言えども有効的には取り扱えないと感じています。どのような地形で、どの周波数でどのアンテナを接続すれば、どれほど遠方の局と交信できるのか、これをおおまかにでも把握できていないと交信は難しいものです。

本人はフルパワーで送信しているつもりでも、実際はごくごく周辺にしか電波が飛んでいないというような事態が起こりうるわけで、これではいくら助けを呼んでも空振りに終わってしまいます。

これまで、登山遭難や災害の際にアマチュア無線が活躍した!という記事が雑誌や新聞上に踊り、私自身も多くの文面を切り抜いて保管しておりますが、救助に繋がったのは無線運用の経験者ばかりです。

アマチュア無線は移動運用などでCQを出し、趣味として日常的に交信して経験を積んでおかないと、いざ非常時も役立ちません。護符のように持ち歩くだけではダメです、アマチュア無線をご使用になる場合、ぜひ普段からの交信を心がけて経験と交流を重ねてください。

それができなければ、衛星携帯電話の契約をおススメします。現在は個人利用の料金もお安くなり、登山時の携行にも負担が少ない重さになっています

アバター

ID非公開さん

2019/7/1115:02:11

よくもまあそんなものに大事な命を預けるという発想が理解不能。

貧弱な設備、不安定な電波、妨害電波に無防備、プライバシーを守れない盗聴可能な電波、緊急時に素人相手の要領を得ない通信、必ず応答があるか何の保証もない・・・

こんなものに預けるほど薄っぺらい命ですなんですか?

レンタルの衛星携帯の方が確実で安心。

hab********さん

2019/7/1117:43:12

回答者がみんなめちゃくちゃ叩いていて、笑った。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる