logic pro x で、オーディオミックスダウン(logicではバウンスと呼ばれる作業)の終了時、たまに爆音がします。

logic pro x で、オーディオミックスダウン(logicではバウンスと呼ばれる作業)の終了時、たまに爆音がします。 バウンスを開始すると、(今やってるよ)いたいなメーターが増えていって、満タンになってバウンスが終わった瞬間、(ぎゃん!!!!!!)という、とてつもない爆音がします。 プロジェクタ内のインストゥルメントが全て一斉になるようです。 ミキサーを見ていても全チャンネルが一瞬だけレベルMAXになるので、間違いないと思います。 プロジェクトのデータが変になるなどの不具合は一切ないのですが、単に、やかましくて困ってます。 これが、鳴る時と鳴らない時があるので、つい忘れていて、油断していたらとても心臓に悪いです。 こんな症状の人いますでしょうか?

DTM69閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

参考程度で。 (解決方法はかなり限定的で、実は無理。起こる曲データ の場合は、その曲では操作を工夫するしかない。) 使用しているプラグインのバッファに、一部波形データが 残っていてそれが一斉に出る、など。 Logic自体のバッファにも残る場合があるらしい、とかいう 話もあったような。 (Logicは、けっこう昔からある問題。) (2度目のバウンス時のデータ頭の先頭部分に、極小のノイズが 入るなども起こる場合あり。使用しているプラグイン次第なので 起こったら起因プラグインを確認するしかない。 推測されるプラグインの仕様は、バッファがあり、 遅延補正で自動的に補正されている類の物が怪しい。 バッファが大きめの物と、他社製のComp系など。他社製 Compは、遅延が無くてバッファも極小か殆ど無いとされている 物でもこれが起こる物がある。現象が発生してからでないと 確認できないです。これも無音状態の箇所で完了させるか、 バウンス前に、無音状態の箇所であえて再生動作させると 残るデータが無音データになるので、不都合回避できる。 とりあえず、無音再生させる際は、マスターなどを ミュートしておとが出ないようにして行うと、爆音もミュートされる。) 回避方法の一つは、曲をバウンスする場合、数小節後までバウンスを 行い、完全に無音状態になった時点でバウンス完了にすると、 バッファに残っているデータも無音データなので、音は出ない。 また、 音が出ている途中で、停止したりすると バッファに音がたまっており、それが出る、なども起こる可能性 あり。これは回避法なし。 これらの問題は、使用している他社製のプラグインが起因している 事が多いので、ユーザーレベルでは解決は不可能と思います。 (昔から起こり、いまだにそういう状況なので。) プラグイン起因なので、発生しないプロジェクトデータでは 起きないですが、 起こる物では、起因プラグインを未使用にしない限り度々 起きる可能性が高い。 ミュートしてから、無音部分再生で爆音回避するしかない 予感です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

重要なヒントをありがとうございます。 これから問題を切り分けて行こうと思います。

お礼日時:2019/7/16 19:50

その他の回答(1件)

0

私はいつもオフラインバウンスですがそのような事は1度も起きた事はありませんね。 重いプロジェクトですと再生時になることはあります。